1キロ徒歩で歩くと何分くらいかかるの?大人と子供でも全然違う!

Pocket

よく1分は80m進むって言いますね。
これは不動産の広告表示に関しての決まりがあって、80mにつき1分間かかると定められているからだそうです。
それで考えると、分速80mということですから 1キロは 1000 / 80 = 12.5 (分)となります。

では子どもではどうなのでしょうか。
大人の倍ぐらいかかるのでしょうか?
実際にGPSウォッチで調べてみました。

GPSウォッチでスタート!

筆者が持っているGPSウォッチで実際に図ってみたいと思います。
なるべく平坦な道を選び、信号がない道を歩くことにします。

筆者の場合、12分6秒でした。
分速80mと比べると少し早すぎましたね。
でもまぁこのくらいでしょうか。

子どもでは1キロどのくらい?

子どもと言っても、例えば保育園・幼稚園に通っている子と小学6年生では速さが全然違うと思いますし、その子の歩くペースにも左右されるかと思います。
今回は、小学1年生から学校まで徒歩通学になるということを考えて、小学1年生の筆者の子どもと歩いて計測してみました。

一緒に1キロ歩いてみると、17分2秒でした。
最初は張り切って歩いていたんですが、700mあたりから少しゆっくりになったかな?

でも通学路を考えると、あっちこっち気になって立ち止まったり、友達とおしゃべりしながら歩いたり、夏だと途中で水筒を飲んだりとか、もっと時間がかかってると思います。
小学校の通学路が心配な方は、こども用の携帯電話を持たせるのもいいかもしれないですね。

子どもってどのくらい歩くのがいいの?

車社会になりました。塾や習い事などで忙しい子どもが増え、徒歩で歩くのがだんだん減ってきました。
30年前の子どもと比べると、1万歩以上も減っていると言われています。

ところで皆さん歩いていますか?
車で移動しないと恥ずかしいみたいなことを、時々筆者の子どもも言うことがあります。
最近は防犯の目的もあって、車で移動することも少なくありません。

ですがご存知の通り、歩くことはたくさんの恩恵をもたらしてくれます。
成人では1日1万歩を目標に歩けば、病気などにかかりにくいとされています。

2011年に東京都内の小学生・中学生・高校生で行われた歩数調査によると、1日の歩数平均が10445歩だったそうです。
子どもに対しては、歩数目標などは公式に示されていないようですが、小学生ぐらいからなら1万歩を目指してもいいのかなと個人的には思います。

でも、1万歩ってかなり歩きますよね。
筆者が1万歩以上歩いたところ、結構疲れました。
しかし成人に近づくにつれて歩数も減っていくらしいので、子どもはちょこちょこ動くから、歩数の数値も意外とすぐ上がるのかもしれません。

歩くことの大切さ

今日は暑い日とか寒い日とか、風が強いとか雨が降りそうだという天候を感じる感覚というのは、日ごろから歩いて感じるものであって、毎日歩くことによって養われる感覚なのではないかと思います。
近所でも暗い場所があるとか、大きな犬がいるところとか、そんな情報をキャッチするためにも日ごろから歩くことは大切ですね。
また、近所の人に顔を覚えてもらう効果もあります。

健康であるための、身体活動量を上げるためにも徒歩はとても効果的です。
親は子どもと歩くことでダイエット効果も期待されるので、長い休みなど時間が取れるときは、買い物がてら一緒にお散歩をするのもいいですね。

1キロの消費カロリー

ところで、1キロの消費カロリーはどのくらいになるのでしょうか。
GPSウォッチとか、歩数計、スマホのアプリなどで最近はすぐわかると思います。

でも筆者が図った時、1.267kmで止めて数値を保存してしまいました。
あれれ、歩いた距離にあわせてカロリーがでるので、0.267kmオーバーですね。
ちなみに57Kcal消費したそうです。

このような場合は、METsを用いた計算式があるので計算してみましょう。

消費カロリー(Kcal)=1.05×METs×運動時間(時間)×体重(Kg)

METs(メッツ)とは、運動強度の単位のことで、安静にしている時を1として色々な活動がその何倍にあたるかを数値化したものだそうです。
METs(メッツ)は国際的に使われており、メッツ表を見てみると、例えば掃除機をかけるのは3.3メッツ、自転車に乗る(全般)のは7.5メッツとなっています。

例:体重50キロの人が、犬の散歩で30分歩きました。
1.05×3.0(メッツ)×0.5(時間)×50(Kg)=78.75 (Kcal)

http://www.nibiohn.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf
メッツ表から数値をそのまま当てはめて計算すれば、消費カロリーが簡単にわかるなんて便利ですね。

また、数値を入れれば計算できる計算サイトもありますので、参考にしてみて下さい。
https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228741

子どもと一緒にたくさん散歩して、ダイエットもできて健康も維持できるようになるといいですね!

生活
スポンサーリンク
hiromiをフォローする
ちょっと知りたいことを紹介「知りたいナビ」

コメント

error: