出産祝いのお返しはどうするの?

Pocket

出産祝いのお返しをしようと思っても相場や時期、そして何を返したらよいのか迷ってしまいますね。
そこでそういった方に役に立つ情報を紹介したいと思います。

出産祝いのお返し相場

出産祝いのお返しの相場はどれくらいなのかって迷うところがあると思います。
ご結婚の予定がある方や、出産を控えている方は今後出産祝いを頂くことがありますがそのお返しとしての内祝いのマナーを早めに覚えておくと良いでしょう。

出産内祝いとは、子どもが無事に生まれたという喜ばしい出来事をお披露目し、周囲の人にもその幸せをお裾分けするという意味があります。

ですから、内祝いを贈る時はとりあえず商品を選ぶのではなく、お祝いをしてくれた人への感謝と子どもの紹介を兼ねているということを忘れない様にしなければなりません。

内祝いの大体の相場ですが、頂いた金額のおよそ半額から三分の一と言われていますが、値段の分からない物の場合は大体の目安でギフトを選んでも構いません。

例えば1万円の物を頂いた場合は、3千円から5千円位が内祝の金額の相場ということになります。

また、お祝いを頂いた人全員に均一の物を贈っても良いでしょう。

一般的に贈る品物はお菓子や日常用品、商品券やお米なども人気がありますが、その際に赤ちゃんの命名カードを同封したり、赤ちゃんの写真などを入れて、これから宜しくお願いしますというメッセージを書き入れる方も多いようです。

ただし、出産後に全ての事を準備しようとすると、赤ちゃんのお世話でとても忙しく、贈る時にミスが発生する確率が高くなりますので、出来れば出産前に全ての用意を終えておきたいところです。

また、地域によって贈り物の内容が確立されている場合がありますので、あらかじめ家族や周囲の人に聞いておくと良いでしょう。

出産祝いのお返しの手紙

仲が良い友達なら良いですが、上司やお世話になっている知人などにはきっちり送りたいところですね。
出産前に出産の祝いを頂いた場合、内祝いは一般的に生後1ヶ月以内に贈るとされていますが、お礼の手紙はお祝いを頂いてすぐに出しても構いません。何よりも感謝の気持ちをすぐに伝えることが大切なのです。

もしも、多忙などで手紙を書くことが難かしい場合は、電話を必ず入れましょう。

出産後は妊娠中と違って全くといって良い程自分の時間が無くなりますし、赤ちゃんのお世話で睡眠時間も取れない場合が多いですから、出産内祝いやお礼状などは予め用意しておくことをお勧めします。

たくさん贈らなければいけないときは、氏名や住所などをリストにまとめて、用意が完了したらチェックを入れておけば間違いありません。

丁寧に書いていると時間も必要になるお礼状ですが、自分の心からの感謝の気持ちを伝えれば良いので、難しい内容にする必要はありません。

その中で、赤ちゃんの名前や現在の体調などを、普段の言葉で自分らしくまとめて、文章の最後には、末永いお付き合いをお願いする表現でしめると良いかもしれません。

注意しなければならない点は、近頃では赤ちゃんの名前に難しい読み方を付ける方が増えて来ていますので、必ず漢字と一緒に読みがなも忘れないように書き記しましょう。

また、相手の家庭環境によっては、こちら側の幸せを押し付けるようなことになってしまいますので、その場合は電話だけに留めるなどの工夫が必要です。

出来ればパソコンなどを使用せず、手書きで自分の字で丁寧に書き、差出人は夫婦連名にして封書にて送るのが一般的です。

出産祝いを渡す時期とお返し

会社の同僚や親しい友人などに子供が生まれると、出産祝いとして現金や赤ちゃん用品などをプレゼントしたりすることが一般的です。

出産祝いを渡す時期としては、一般的に生まれてきた赤ちゃんが生後1ヶ月ぐらいが過ぎ、お宮参りに行く時期ぐらいが理想とされています。

お祝い事ですので、赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎてすぐの大安の日が、出産祝いを渡す日として一番良い日です。

子供が生まれ出産祝いをもらうと、出産の内祝いとしてお返しをする必要があります。

お返しする値段としては、3分の1から2分の1ぐらいの値段が理想とされており、現金でお祝いをもらった場合は、お返しをする値段に悩むことはありませんが、赤ちゃん用品やギフトでお祝いをもらった場合、値段を予想することがとても難しいので、インターネットで類似品の品物を探し、値段を参考にするとお返しするときに悩まずにすみます。

出産祝いのお返しの商品は、商品券やタオルギフトなど人によって様々です。

人にもらって自分が喜ぶような商品を返すと、返しをもらった相手にも喜ばれることが多いです。

色々な商品があるので、夫婦で話し合いを何度も繰り返すことで、自然と商品を決めることができます。

出産祝いお返し体験談

我が家の出産祝いお返し

2番目の子供が生まれた時の出産祝いお返しの体験談を紹介します。
最初の子供の時は名前入りの砂糖を贈ったのですが、店舗へ行きデザインや名前のフォントや大きさまで細かく設定する事ができたので、楽しみながら選べたという思いがあります。
2番目は別の食品を贈ろうとインターネットで探していた所、贈る側ももらう側も喜ぶ贈り物を見つけたのです。
それはお米です。
全国有名産地のお米に子供の名前をパッケージに入れて贈ると言う物です。
これを見た時にお米なら毎日食べる物だし幅広い世代の人に受けるに違い無いと思い、お返しする事に決めます。
申し込みや住所入力は全てインターネットで出来たのでとても簡単な作業です。
これを受け取った家族や友達は、めったに食べられない有名産地のお米が食べれて嬉しかった、名前が書かれたパッケージは一生の思い出になったと言ってくれます。
その言葉がとても嬉しかったので、出産を控えている友人の出産祝いお返しにお米を勧めています。

出産祝いお返しについて

私は約3年前息子という我が子を出産したとき、主人の会社の方や私の友人から数多くの出産祝いをもらう機会がありました。
出産祝いとしてベビー用品や息子に似合いそうな洋服だったり、様々な物をもらうことができ、人から息子の誕生を喜んでもらうことができていると思うことができて、本当に幸せな気持ちになることができました。
出産祝いをもらった人にお返しをしなければいけなかったため、主人と一緒に何を出産祝いお返しにするか非常に悩みました。
私より早く結婚し出産した友人から以前、出産についてのエピソードや出産祝いお返しについての体験談を聞くことができたことを思い出し、人がもらって喜ぶ物は何かと考えることで自然に思い浮かぶ物が良いという結果になり、出産祝いお返しとしてタオルギフトを贈ることにしました。
タオルは日常的に使用する物なので、沢山あっても困ることはないため、私自身心から喜んでもらうことができると思いました。

出産祝いお返しサイト

出産祝いのお返しといってもいろいろなサイトがあって迷ってしまいますね。
そこでおすすめの出産祝いのお返しサイトや特徴を紹介したいと思います。

出産内祝い.JP

出産内祝い.JPは出産祝いのお返しに特化したサイトです。
赤ちゃんの写真入りのし紙や命名札などのオリジナル名入れサービスを行っており、可愛い出産内祝いをお探しの方にはおすすめです。

取扱い商品

カタログギフト・食品・タオル・雑貨・洗剤など

価格

500円以下や10,000円以上

ソムリエアットギフト

ソムリエアットギフトはカタログギフト・内祝い専門サイトです。
特にプレミアムカタログギフトというものがとても人気になっていて楽天ランキングでも1位を獲得している商品です。
他にも良いものが多くありますし、ラインナップも豊富で良いものが見つかるのではないでしょうか。

取扱い商品

カタログギフト・、食品、キッチン用品など

価格

1,000円以下や50,000円以上

内祝ギフト

内祝ギフトは出産内祝いはもちろんですが、、結婚内祝い、快気内祝いなど、さまざまな内祝いに対応したカタログギフトを販売しております。
カタログギフトだけでなくミッキー・リラッククマ・ドラえもん等の人気のキャラクターギフトや有名ブランドのタオル、食品、キッチン用品、名入れ商品等の商品も取り扱っています。

取扱い商品

カタログギフト・、食品、キッチン用品など

価格

500円以下や10,000円以上
カタログギフトは2,500円コースから50,500円コース

出産祝いのお返しには何を返す?

出産祝いのお返しには何を返せばよいのか迷ってしまします。
定番としては食品、タオル・雑貨・洗剤などの日用品、どれが良いのかわからないというのであればカタログギフトでも良いのではないでしょうか。
それでも迷うという方は出産祝いお返しサイトの人気ランキングの上位のものを購入するのも良いのではないでしょうか。

未分類
スポンサーリンク
ネオをフォローする
ちょっと知りたいことを紹介「知りたいナビ」

コメント

error: