安倍晋三の弟岸信夫との関係|なぜ苗字が違うのか理由はこれ!

日本
スポンサーリンク

安倍晋三前総理といえば政界のサラブレットで大叔父には第56・57代 内閣総理大臣の「佐藤栄作」氏や祖父には第61・62・63代 内閣総理大臣の「岸信介」氏などがいます。

他にも親族は政治家ばかりなのですが、兄弟がいて兄弟も政治家なのですが、安倍晋三氏の兄が「安倍寛信」氏、弟が「岸信夫」氏です。

ここでなぜ弟は「岸」という苗字なのかです。

安倍晋三の弟岸信夫との関係|なぜ苗字が違うのか理由について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

安倍晋三の弟岸信夫との関係

安倍晋三氏と弟の岸信夫の苗字が違うのは、

もうこれは簡単で

安部家で生まれた「信夫氏」が岸家の養子になったから

ということです。

これは簡単に想像できるところだと思います。

生後間もなく「岸信和・仲子夫婦の養子になった」ということですね。

岸信和氏は元内閣総理大臣秘書官で岸信和氏の父親は上でも紹介した第56・57代内閣総理大臣の「岸信介」氏です。

岸信介氏はなぜ養子に出されたのか

ここでなぜ養子に出されたのかというところですが、まず第56・57代内閣総理大臣の岸信介氏の子供が長男の「岸信和」と長女の「安倍洋子」です。

祖父:岸信介(元内閣総理大臣)

父:岸信和

岸信夫(安倍家に生まれたが養子で岸信夫に)

元内閣総理大臣岸信介の長男の岸信和と仲子夫婦には子供がおらず、岸信夫氏が養子にいったということだと考えられます。

内閣総理大臣の岸信介氏も岸信和氏の1男ですからね。

岸家の血を途絶えさせないという理由からだということがわかると思います。

ちなみに安部家はというと

父:安倍晋太郎氏(政治家)

長男:安倍寛信(政治家)|二男:安倍晋三(元内閣総理大臣)|三男:岸信夫(政治家)

となっていて安部家も代々政治家一家ということなんです。

そして、三男の岸信夫氏が養子にいったということです。

ちなみに安倍晋三氏の母親は安倍洋子さんなのですが、安倍洋子は岸信介の長女で安倍晋太郎氏と結婚し安部家に嫁いだということです。

こうやってみるとかなり岸家と安部家はかなり密な関係にあることがわかりますね。

岸信夫氏が養子と知ったのは高校3年生の時

岸信夫氏がは養子に行ったということなのですが、岸信夫氏本人が養子と知ったのは高校3年生の時で、大学入学のための書類が必要で戸籍謄本を取り寄せたら時に「養子」と書かれていてその時初めて知ったそうです。

結局自分で知ってそれまで誰も言ってくれなかったということだそうです。

初めは混乱してなかなか整理がつかなかったようですね。

そりゃ思春期にそれを突然自分で知ったとなるとかなり動揺しますよね。

ちなみに岸信夫氏は2004年今やから政治家の道へ進み、(2020年12月時点)菅政権の防衛大臣を務めていますからね。

岸家代表としては着実にステップアップしています。

ちなみに岸信夫氏の子供は長男の岸信千世氏さんがいるのですが、2020年にフジテレビを退社して岸防衛相の秘書になるという報道がありました。

息子さんも政治家を目指していくということなんでしょうね。

しっかし岸家の政治家の流れを継承しているということですね。

まとめ

ということで安倍晋三氏の弟と岸信夫氏の苗字が違うのは養子にいったということです。

まあこれは誰にでも想像できることですね。

そして、さらに気になるのがなぜ養子に行ったのかです。
それは岸家を途絶えさせないというところが見えてきますね。

家系図を見ていくと安部家、岸家の関係は単純に仲が良いということだけではなくて、血縁関係があってかなり密な関係にあるということがわかってきますね。

これまでもそして、これからも安部家、岸家は政界に大きな影響力がある家系ということがわかりますね。

まずはその影響力を良い方向に利用して日本国民の生活を豊かにしていただきたいですね。

ということで安倍晋三の弟岸信夫との関係|なぜ苗字が違うのかについてでした。

error:
タイトルとURLをコピーしました