キャッシュパスポートってどうなの?海外プリペイドカード徹底分析

Pocket

私もたまに海外旅行に行ったりするのですが、キャッシュパスポートという海外専用のプリペイドカードがあることを最近まで知りませんでした。
意外に使っている人もいるようですし、使い方によっては便利なようです。
私も今度海外に行くときは使ってみようかと思いちょっと調べてみました。
そして、キャッシュパスポートについていろいろ書いてみました。
キャッシュパスポートを利用してみようかと考えている方の参考になれば幸いです。

キャッシュパスポートとは

海外旅行をする場合、どうしても必要になるのが現地通貨です。
かつては空港などで必要な量だけ両替をしてから旅行をするというのが一般的でしたが、近年ではクレジットカードの活用が盛んに行われるようになりました。
そのような人が多くなっている一方で、やはり海外でクレジットカードを使うのは怖いと考える人も少なくはありません。

その様な人に推奨されているのがキャッシュパスポートという商品です。
これは現金とクレジットカードのちょうど中間の役割を担うものであり、クレジットカードと同様に使用できるプリペイドカードの様な特徴を持っています。
キャッシュパスポートはVISAやMASTERなどクレジットカード会社が発行するものであり、全世界の加盟店で使用することが出来ます。
日本人であれば日本円で入金をすれば世界各国様々な国の通貨で有利なレートで取引をすることが出来るのです。
これは現地で現金の両替をする場合の手数料等を考慮せずに済みますので非常に無駄がないという特徴があります。

そして日本円での入金をしていますので通貨の異なる複数の国に行ったとしても問題なく使用することが出来ます。
キャッシュパスポートとは海外によく行く人が両替の必要なく安全に決済をするためのプリペイドカードとして認識すれば良いのです。

キャッシュパスポートの申し込みから使い方

キャッシュパスポートの申込にはインターネットからと、郵送またはFAXからの方法で申し込みが出来ます。
インターネットからでは、一週間程度でカードが届きます。
カードを受け取ったら、同封されている利用の手順に従って早めに指定されている口座に振り込みます。
また、郵送やFAXの場合でも一週間程度でカードが届きます。
こちらの場合でも、同じように利用の手順に従って、指定口座に振り込みます。

また、カードの受取りのときには、購入者の本人確認書類が必要になってきます。
これは、免許証、パスポート、健康保険証等を配達員に提示します。
この場合、申込みしたときの住所と同じ住所が記載されている証明書が必要です。

カードが届いたら、まず使い方の手順などを読んで、裏面に本人のサインを書きます。
スペアカードとオリジナルカードがあるので、暗証番号を確認します。
スペアカードは、万一海外などで紛失したときのためのものです。
大切に、保管をしておきましょう。

キャッシュパスポートは海外でのATMでの現金の引き出しや、加盟店でも利用が可能です。

キャッシュパスポートのメリット

このキャッシュパスポートのメリットには、いくつかあります。
まず、海外へ行った際に現地のATMで現地通貨を引き出すことが可能です。また、このカードを使用できるお店では、直接支払いができるため、キャッシュレスでショッピングができます。
そのため、現地で両替所を探したり、両替をするために列に並んで待ったりする必要がありません。

また、米ドル、ユーロ、豪ドル、英ポンド等の外貨建てのカードもありますが、それらの為替レートは入金時のレートを使用します。そのため、為替レートの変動による影響を受けません。また、円高のときに入金しておくと大変お得です。

なお、このキャッシュパスポートを海外での滞在中に紛失してしまったときは、クレジットカードと同様、すぐにカード発行会社に連絡することで、そのカードの利用を停止することができますので、安心です。また、スペアカードが付いているサービスもあります。この場合は、メインのカードをなくした場合に、スペアカードを使用することで再発行を待たずして継続して利用することができます。

キャッシュパスポートのデメリット

デメリットもあります。それはキャッシュパスポートがクレジットカードの仕組みを利用している関係で、クレジットカードを利用できる環境がなければ使用できないという不便さがあります。
例えばキャッシュパスポートがマスターカードの発行であればマスターカードの使える店舗でしか利用することが出来ないのです。
そのためクレジットカードの普及した環境のある国でなければあまり活躍の機会はないのです。
そのため行く国によっては現金である必要がある場合もあるでしょう。

キャッシュパスポートとクレジットカードの違い

このカードは、現地のATMで使用することで、現地通貨を引き出すことができます。また、このキャッシュパスポートが使用可能なお店では、このカードを使って支払いができるため、キャッシュレスでショッピング等を楽しむことができます。

これと類似した機能を持つカードとして、クレジットカードがありますが、これに対して、メリット・デメリットがあるのでしょうか。

クレジットカードは審査が必要なため、申し込んでからカードが届くまでに一定の日数がかかります。一方、キャッシュパスポートは審査不要であるため、海外に出かける直前に申し込んでも間に合うのがメリットです。
一方、デメリットとしては、キャッシュパスポートの入金時に一定の為替手数料が必要になり、この手数料が結構かかる点にあります。また、ATMでお金を引き出す際にも手数料が取られます。
また、クレジットカードは、本人証明の意味でも1枚もっておいた方がよいでしょう。そして、キャッシュパスポートは、サブカード、あるいは、少額支払い用として作っておけば便利なのではないでしょうか。

キャッシュパスポートの良い使い方

キャッシュパスポートの使い方は、まず、カードを発行します。
見た目はクレジットカードと似ていますが、プリペイドカードですから、年齢制限があったり、銀行口座を開設したりということをする必要がありません。
キャッシュパスポートはプリペイドカードの一種ですから最初に利用するときに、利用予定金額を入金しておく必要があります。
もしプリペイドとして利用しているときに入金額が不足した場合、インターネットバンキングなどからの入金も可能です。
ですから、足りなくなったら足りない分のみ入金して利用できるため、使いすぎを防止したり、盗難にあった際に利用されてしまったとしても必要最小限の被害ですむのです。
さらに国内に戻ってきてから残金がある場合、換金することも可能で、とても便利なものなのです。

未分類
スポンサーリンク
ネオをフォローする
ちょっと知りたいことを紹介「知りたいナビ」

コメント

error: