致道博物館の館長とか?入館料とアクセスは?

Pocket

こんにちは!

今致道博物館の神対応はネットで話題になっていますね。

30年前のぬいぐるみの落とし物、大切に保管していていますね。

というか30年前の落とし物とは思えないほどとてもきれいですね!

大事に保管されていたということですね。

もう保管というよりか愛情を感じますよね!

そうなるとこれを管理している人とか館長とかが気になりますよね。

現在は酒井忠久さんみたいですが、その前の館長さんとかも関係しているのでしょうね。

ずっと前の忘れ物をずっと保管しておくってことは普通ないんじゃないですかね。

この致道博物館の職員さんの人間性の良さが感じられますね。

ちょっと致道博物館に行きたくなりませんか?

でどこにあるのか調べてみました。

致道博物館概要

所在地 山形県鶴岡市家中新町10-18
アクセス JR鶴岡駅よりバスで約10分
開館時間・休館日 開館時間 9:00〜17:00(入館は、16:30まで)※12月~2月は9:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日:年末年始(12月28日~1月4日)
12月~2月は毎週水曜日
個人 団体20名以上(100名以上)
一般 700円 600円(450円)
学生 380円 350円(250円)
小中学生 280円 200円(120円)

山形県鶴岡市にあってJR鶴岡駅よりバスで約10分で鶴ヶ岡城跡の隣にありますね。
アクセスはあまりよくなさそうですが行けなくはなさそうですね。

当地は鶴ヶ岡城三の丸跡地であり、かつては藩主の御用屋敷があったということなんです。

これ公式ツイッターなんですけど、このツイッター書いてる人がどんな人なのかとても気になりますね。

このツイートを見ているとほのぼのしますわ!

まとめ

この致道博物館で30年前のぬいぐるみの落とし物が大事にされていてツイッターで話題になりましたけど、これ本当にほのぼのしますね!

こういうのってスタッフとかこれまでの館長とかの人柄が関係しているのかなって思ってしまいますよね。

致道博物館にちょっと行ってみたいって気持ちにもなりますよね。

ということで致道博物館についてでした。

ありがとうございました。

コメント

error: