クロフォードVSパッキャオ戦勝敗予想|どっちが勝つの?ほんとに対戦するの?

スポーツ
スポンサーリンク

テレンス・クロフォードと言えばパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位(2020年11月18日現在)ということで全階級の中で現状世界最強というところにランキングされています。

パウンド・フォー・パウンド(PFP)とは13人のパネリストが全階級で最強とされる選手をランキングで評価するものです。

ちなみに、井上尚弥選手は3位にランキングされています。

このクロフォード選手ですが、階級がウェルター級でパッキャオ選手と同じです。

さらにクロフォード線湯本人も

「パッキャオ戦ができるならやりたい。」

と語っている通り前向きです。

パッキャオ選手が本当にこの対戦をやるのかというところですね。

ではここでクロフォードVSパッキャオ戦が行われたとしてどちらが勝つのかの勝敗予想をしたいと思います。

ここではどちらが勝つのか予想していますが、先にみんなの投票予想結果が知りたいという方はこちらから飛べます。
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーリンク

クロフォードVSパッキャオ戦勝敗予想プロフィール比較

まずはお互いのプロフィールから比較していきたいと思います。

クロフォード パッキャオ
年齢 1987年9月28日(33歳) 1978年12月17日(41歳)
国籍 アメリカ フィリピン
身長 173cm 168cm
リーチ 185cm 170cm
戦績 試合数:37戦
勝利数:37勝
KO数:28KO
負け数:0敗
引き分け:0引き分け
試合数:71戦
勝利数:62勝
KO数:39KO
負け数:7敗
引き分け:2引き分け
最後の試合 2020年11月14日:〇4RTKO 2019年7月20日:〇12R判定2-1
主なタイトル ・WBO世界ライト級王座
・WBO世界スーパーライト級王座
・WBC世界スーパーライト級王座
・WBA世界スーパーライト級王座
・IBF世界スーパーライト級王座
・WBO世界ウェルター級王座
・WBC世界ライト級王座
・WBC世界フライ級王座
・IBF世界スーパーバンタム級王座
・WBC世界スーパーフェザー級王座
・WBO世界ウェルター級王座
・WBC世界スーパーウェルター級王座
・WBO世界ウェルター級王座
・WBA世界ウェルター級王座

※プロフィールは2020年11月20日現在

年齢
年齢はパッキャオ選手が現在41歳でもし来年対戦するとなると42歳という年齢になります。
身長・リーチ
リーチなどを見てみるとどうやらクロフォード選手の方がかなり長いようです。
戦績
クロフォード選手は一度も負けたことがなく、しかも世界戦7連続KO勝ち中ということで今がピークのような状態です。
パッキャオ選手は最近10試合では8勝2敗で判定勝ちが多いです。
最後の試合
クロフォード選手は先日2020年11月14日に強い勝ち方をしましたね。
パッキャオ選手は最後の試合が2019年7月20日でかなり前です。
主なタイトル・実績
これまでの実績なら史上2人目の6階級制覇王者のパッキャオ選手かもしれませんが、クロフォード選手も世界スーパーライト級で主要4団体の統一した初めてのボクサーだったりとどちらもかなりの実績です。
ではクロフォード選手とパッキャオ選手が対戦したらどちらが勝つのか分析してみたいと思います。

クロフォードVSパッキャオ戦勝敗予想ポイント

まずはクロフォード選手とパッキャオ選手の勝敗を予想する上でこのあたりが大事なポイントかな思っています。

・年齢
・最近の試合内容と戦績
・対戦相手比較

年齢

やっぱり年齢というところがネックになってくるのかなと思います。

クロフォード選手は現在33歳のあぶらが乗り切っている時期で、パッキャオ選手は41歳で1978年12月17日に42歳になります。

なかなか試合できない状況の中で時間が経てばたつほどクロフォード選手に有利になってくるのかなと思います。

別に41歳でも昔と変わらずKO勝ち連発で衰えしらずということなら別に問題はないとは思いますけどね。

そこで気になる最近の戦績を見てみたいと思います。

最近の試合内容と戦績

テレンス・クロフォードの過去4戦の対戦相手と戦績

対戦日時 対戦相手 クロフォードと対戦する前の対戦相手の戦績 結果
2020年11月14日 ケル・ブルック 40戦39勝27KO1敗 〇4RTKO
2019年12月14日 エギディウス・カバリアウスカス 22戦21勝(17KO)0敗1分 〇9RTKO
2019年4月20日 アミール・カーン 37戦33勝(20KO)4敗 〇6RTKO
2018年10月13日 ホセ・ベナビデス 27戦27勝(18KO)0敗 〇12RTKO

クロフォード選手に関しては世界戦7連続KO勝ち中で2020年11月14日の試合でも強い相手に圧倒的な強さを見せつけましたからね。

別に弱い相手ばかり選んで連勝して防衛しているわけではないですからね。

強力な対戦相手にKO勝ちを続けています。

マニー・パッキャオの過去4戦の対戦相手と戦績

対戦日時 対戦相手 パッキャオと対戦する前の対戦相手の戦績 結果
2019年7月20日 キース・サーマン 30戦29勝(22KO)0敗1無効試合 〇12R判定2-1
2019年1月19日 エイドリアン・ブローナー 38戦33勝(24KO)3敗1分1無効試合 〇12R判定3-0
2018年7月15日 ルーカス・マティセー 44戦39勝(36KO)4敗1無効試合 〇7RTKO
2017年7月2日 ジェフ・ホーン 18戦17勝(11KO)0敗1分 ●12R判定0-3

ここ最近は負けたり、判定できわどい試合もありますが、対戦相手はかなり強力でまだまだトップクラスの実力があることを証明していますね。

パッキャオ選手は若いころは結構KOしてましたけど、ここ最近は判定までいく試合になっていますが、これは問題ないのかなと思います。

対戦相手比較

クロフォード選手とパッキャオ選手のどちらとも対戦したことが選手もいますのでそこを一つの比較ポイントにしてみたいと思います。

どちらとも対戦しているのが「ジェフ・ホーン」選手です。

クロフォード選手との対戦結果

2018年6月9日 〇9RTKO

パッキャオ選手との対戦結果

2017年7月2日 ●12R判定0-3

ということでジェフ・ホーン選手はパッキャオ選手に勝利したあと1戦挟んでクロフォード選手と対戦してクロフォード選手にTKO負けしています。

ジェフ・ホーン選手はクロフォード選手に負けるまで負けたことがなかったんです。

ジェフ・ホーン選手はその後勝ったり負けたりしていますね。

クロフォード選手は勝って、パッキャオ選手は負けましたけど、その時に調子や相性などもあるので一概には言えませんが、それでも参考にはなりますね。

クロフォード選手とパッキャオ選手どちらが勝つのかのみんなの勝敗予想

でどちらが勝つのか良かったら皆さんも予想に参加してもらえればと思います!

もしよろしければあなたはどちらが勝つと思うのかポチっと投票いただければと思います。

クロフォードVSパッキャオ戦あなたはどっちが勝つと思いますか?

ではSNSなどではみんなはどっちが勝つと思っているのか紹介したいと思います。

クロフォードとパッキャオだったらどっちが勝つのか

ここ最近のクロフォード選手の強さとパッキャオ選手の年齢や最近の戦績などを考えると、さすがに今対戦するとなるとクロフォード選手が勝つだろうと予想します。

これは多くの方が予想するところだと思います。

ただ、パッキャオ選手はやってみないとわからない部分もありますよね。
判定になればパッキャオ選手にも勝機があるかもしれませんね。

たらればですが、パッキャオ選手の全盛期ならかなり面白いすごい試合になりそうですね。

ここでこの二人本当に対戦するのか?ですよね。

クロフォードとパッキャオほんとに対戦するの?

クロフォード選手はパッキャオ選手とやりたいと発言していますけど、パッキャオ選手はどうなんでしょうかね。

いろいろな声を見ると対戦してほしいけど「やらないのでは」という声が多いですね。

確かにパッキャオ陣営が受けるか疑問もありますよね。

ただ、もし対戦するとなるとかなり注目のカードですね!
想像しただけでワクワクします!

そして、もし実現してパッキャオ選手が勝利すればさらに伝説になりますね!。
それはそれで見てみたい気もします。

クロフォードVSパッキャオ戦勝敗予想まとめ

世界スーパーライト級主要4団体の統一でパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位「クロフォード」VS6階級制覇王者のレジェンド「パッキャオ」の試合となったらとても楽しみですね。

なかなか現実的には難しいのでは?と思ったりもしますけど、かなり見てみたい試合ですよね。

クロフォード選手が有利という意見が多そうですが、パッキャオ選手が勝てばそれはそれで鳥肌物ですし何が起きても満足しそうです。

まあ次戦で試合をするとなっても2021年春か秋で、パッキャオ選手は年齢的にもそんなに時間がないのでやるなら早くやってほしいですけどね。

ということでクロフォードVSパッキャオ戦勝敗予想|どっちが勝つの?ほんとに対戦するの?でした。

error:
タイトルとURLをコピーしました