ふたご座流星群2018年12月13日14日が見ごろ?見える場所・方角・スポットは?2017年の感想

Pocket

こんにちは!

リアルタイムで今ちょうどとても話題になっているのがふたご座流星群が見えるよっていう話です!

時期は2018年13日14日の夜がちょうど見頃のようですね。

数も1時間あたり、40個ほど見ることができそうです。

あと大事なのは天気ですね。

晴れていないとなかなか見えませんからね。

北陸のほうは天気が悪そうですが、その他の地域は比較的良さそうです。

雲の動きなどもチェックしておきたいですね。

ということでふたご座流星群が見える場所・方角・スポットなどを紹介したいと思います。

ふたご座流星群とは

毎年12月14日頃を中心に活動する流星群でこの時期が見ごろということなんです。

ちょうど夜に出現して1時間あたり40個以上見れるということでとても見えやすいということのようですね。

夜の早い時間帯からも見えるということで子供も楽しめそうですね。

2018年は金曜日の夜も見られるので次の日休みという方はゆっくりベランダから眺めたりカップルで見るのもいいかもしれませんね。

ただ、ちょっと寒いので外出する際は防寒をしっかりして出かけないといけませんね。

見える場所

下で2017年のふたご座流星群をみた人の感想を書いているのですが、基本的に日本全国いろいろなところで見えるようです。

あとは
・雲がない
・暗い
・高いところ

などが良いかもしれませんね。

高台とかだと暗いですしより見やすいのではないでしょうか。

方角

国立天文台の情報では見る方向は気にする必要なないということです。

下の2017年のふたご座流星群の感想もそうですし、特定の方向にでるわけでもないということで広く空が見られるところがよさそうですね。

2018年のふたご座流星群

2018年12月12日~13日にかけてですかね。

すでに見えるんですね。

2017年のふたご座流星群を見た人の感想

いろいろなところで見えるということがわかります。

まとめ

ということでふたご座流星群2018年13日14日が見ごろ?見える場所・方角・スポットは?2017年の感想ということで紹介してきました。

今年は天気の良い地域が多いのでしっかり見られる場所が多そうですね。

もしふたご座流星群を観に外出するならしっかり防寒具をきて出かけてください。

楽しみですね!

ありがとうございました。

コメント

error: