井岡一翔vsロマゴン戦の試合の実現の可能性は|対戦するならいつ?

ボクシング
スポンサーリンク

2020年12月31日の大みそかに井岡一翔vs田中恒成の日本人対決が行われて井岡一翔が強い勝ち方をしましたね。

この一戦はすごい打ち合いで本当に見ごたえのある試合で見た方はかなり面白かったのではないでしょうか!

そして、井岡選手はとても評価を上げていてスーパーフライ級で一番強いのでは言われているWBA王者のロマゴン(ローマン・ゴンサレス)との対戦も!?という報道も多く出てきています。

もしロマゴン選手と井岡選手が対戦するとなれば日本人としてはとても楽しみですね。

先に結論を言うと

井岡一翔とロマゴンの対戦の実現までは結構な難関がありそうなんです。
ここではその理由を紹介していき、さらにスムーズにことが運んで対戦するならいつになるのかまで予想して紹介しています。

では井岡一翔vsロマゴン戦は実現するのか|対戦するならいつ?というところで見てみたいと思います。

スポンサーリンク

井岡一翔vsロマゴン(ローマン・ゴンサレス)の対戦の可能性は

まず井岡選手自身も「統一選を行いたい」ということですし、2020年3月にはロマゴン選手自身が「井岡選手との統一選をしたい」ということが報道にもありましたし、このままどちらもチャンピオンを維持すれば対戦が現実する可能性は高いです。

ただ、そこにはいろいろハードルもあります。

まず、ロマゴン選手(WBA王者)は3月13日にエストラダ(WBC王者)の統一戦があります。

エストラダ選手は44戦41勝(28KO)3敗という戦績でWBC王者で相当強いです。

まずはエストラダ選手に勝つこと。

これが一つ目のハードルです。

この次に対戦できれば良いのですが、井岡選手がロマゴン選手と対戦するとしたらさらにもう一戦後になる可能性もあります。

なぜかというと、ロマゴン選手に唯一勝利している(しかも2勝)「シーサケット・ソー・ルンヴィサイ」選手がWBC指名挑戦権を持っているので、ロマゴン選手がエストラダ戦に勝利すれば次はロマゴンvsシーサケット・ソー・ルンヴィサイの可能性もあります。

シーサケット・ソー・ルンヴィサイ選手は55戦49勝(42KO)5敗1分で元WBC世界スーパーフライ級王座だったのですが、今度ロマゴン選手と対戦するエストラダ選手に負けています。

シーサケット・ソー・ルンヴィサイ選手と対戦するとなれば当然勝つこと

これが二つ目のハードルです。

ロマゴンVSエストラダ戦でロマゴン選手が勝って、
さらにロマゴンVSシーサケット・ソー・ルンヴィサイでもロマゴン選手が勝って、
やっと井岡選手との対戦が実現する可能性があるという流れかなと思います。
シーサケット・ソー・ルンヴィサイ選手はロマゴン選手に唯一勝っている選手でしかも2連勝ですからね。
しかもエストラダ選手はシーサケット・ソー・ルンヴィサイ選手に勝利しています。

ロマゴン選手は強いですが強敵との対戦が続く可能性があるのでハードルがありますね。

まあでも別に井岡選手がロマゴン選手と対戦できなくても、エストラダ選手やシーサケット・ソー・ルンヴィサイ選手との対戦となるとかなり注目の一戦になりますけどね。

では対戦するとなればいつくらいになるのか予想してみました。

井岡一翔選手とロマゴン選手が対戦するならいつ?

もしロマゴン選手が順調に勝ったとすると

ロマゴンVSエストラダ戦が3月なのでその次の試合が2021年7月とか8月あたりもありえますが、

ただ、シーサケット・ソー・ルンヴィサイ選手はWBC指名挑戦権を持っているのでロマゴンVSシーサケット・ソー・ルンヴィサイ戦の可能性も高いので、そうなるとさらにその後の2021年の年末あたりということが考えられます。

さらに、なかなかまともに試合ができるような状況ではない昨今なのでスムーズに試合が組まれなければ2022年以降ということも十分考えられます。

もちろん二人が勝ち続けてベルトを保持しているというのが条件です。

まとめ

井岡一翔vsロマゴン戦はすごく魅力的な対戦ですが、いろいろ状況を見てみるとなかなか対戦実現までのハードルがありますね。

どちらも負けずに順調にいけば2021年内も期待できるかもしれませんけどね。

井岡選手は結婚して子供ができて所属ジムも見た目の雰囲気も変わって、とてもいろいろなことが変わりましたよね。

田中選手との試合をみて個人的に勝手に思ったのですが、以前よりも相当強くなったと思いました。

ロマゴン選手でなくてもエストラダ選手やシーサケット・ソー・ルンヴィサイ選手との対戦も見てみたいです。

ということで井岡一翔vsロマゴン戦は実現するのか|対戦するならいつ?についてでした。

ボクシング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「知りたいナビ」
タイトルとURLをコピーしました