医師残業時間上限「年2000時間」も検討・働きすぎで体を壊したら

Pocket

こんにちは!

今ちょうど話題になっているのが「働き方改革」で医師の残業時間の上限についてです。

特に地域医療の格となる医療機関の勤務医の残業時間の上限を「年1900~2000時間」とする案が検討されているというところですね。

一般の労働者や一般的な勤務医が960時間が上限なのに対して地域医療の格となる医療機関の勤務医に関しては2000時間で検討されています。

これは約2倍ですからね。

これに対していろいろな声がありますね。

ここでちょっと計算してみたいと思います。

2000時間を12で割ると1ヵ月約167時間になります。

1ヵ月20日働くとしてこの167時間を20日で割ると1日の8.35時間になります。

毎日平均8時間以上の残業ということになります。

これは1週間で2日休んだとして2000時間の上限で計算しての数字で、ここまで働かないにしても、これが一年続くとなるとかなりハードですね。

というより寝る時間もあまり取れないのではないでしょうか。

もし結婚していて家族がいるということになると家族との時間や家族サービスなんていうのもかなり厳しくなってくるのではないでしょうか。

働き方改革残業上限2000時間について

もともと医師は働きすぎという声もありますが、人手不足や命に係わる現場の仕事で責任もありますしどうしても働く時間が長くなってしまうという場合も多いと思います。

今回の改革でさらに働く時間が長くなってしまうかも・・・という方もいるかもしれません。

働く時間が長くなってそれで体を酷使して体や精神を壊してしまってはもともこもありませんね。

診断や治療などの面でも正しい判断ができなくなってしまう可能性がってありますしね。

今回の改革って本当に良い方向に向かっているんでしょうか。

今回の改革よりも職場環境の改善や医師を増やすなどの改善を行うほうが大切なのではと思ってしまいます。

そして、医師一人一人の健康管理のサポートにも目を向けることが大切なのではないでしょうか。

医師の働き方改革についての声

結局は職場環境!?

結局は職場によるのでは・・・

今回の残業時間上限2000時間とかって話に泣ていますけど、残業に関しては職場によってはあいまいなところが多いようですし、そんなのあんまり関係ないってところもありそうですね。

逆にしっかりしている職場は働く時間もちゃんと管理されているようですね。

確かに地方の医師不足ということもあるのでしょうけど、しっかり休みもとれて働けている方もいますし、そうでない方もいるのはもちろん政策の問題もあるでしょうけど、結局は職場環境の問題ではないんですかね。

あなたの体や家族はあなたが守る

今回特に注目されているのが地域医療の格となる医療機関の勤務医の残業時間の上限を「年1900~2000時間」というところで一般的な勤務医が960時間が上限となっていますが、結局一般的な勤務医に該当する方でもかなり過酷な労働時間になっている方も多いと思います。

そういった方は今回の働き方改革の件もありますし、改めて考えなおしてみてはどうでしょうか。

まずはその自分の体や家族のことを考えることなどです。

医師で「私は苦しんでいる人を助けることに生きがいを感じている」とか「使命」という方はそれがやりたいことで充実していると思うので天職だと思いますしとても良いことだと思います。

ですが、体がきつい、家族との時間を大切にしたなどという方はやはりそこは自分で今後の方向性などを考えないといけませんね。

もしかしたら今回の医師の働き方改革で今働いているところがさらにきつい労働環境になるかもしれません。

そういった未来も含めてしっかり考えないといけませんね。

医師専門転職エージェントに相談してみる

医師専門の転職支援サービスであなたに合った職場を探すのも良いのかなと思います。

様々な求人が集まっていますし、非公開求人を紹介してくれることもあります。

別にすぐに転職するということではなくても、働きながら探してもいいですし、とりあえず登録して求人を探せる状態にしておくことが大切なのかなと思います。

そして、良い求人が見つかったら動けるような体制にしておくのも大事なのかなと思います。

今回の働き方改革の話が出てきて自分の実は自分で守ることが大切ですね。

そのためにはしっかり自分で考えて行動することが大切だと思います。

今後の医者の環境を考えて今すぐでなくても休みや給料など今後のことを考えて準備しておくことが大切かなと思います。

おすすめ医師転職エージェント

エムスリーキャリア

・ソニーグループで医師の転職実績6年連続代1位
・20万人以上の医師が登録

まずは医師の転職では外せないのがエムスリーキャリアですね。

求人数も豊富で優良求人も多いということでまずは外せないところですね。

医師転職ドットコム

・東証一部上場企業のグループ会社が運営
・約4万件の求人
・医師会員数35000人以上

東証一部上場企業の株式会社メディウェルグループが運営する医師転職ドットコムです。

こちらも医師転職では大手の一つで優良求人や求人数も多く外せないですね。

マイナビDOCTOR

・転職求人情報大手マイナビが運営
・東京、神奈川、埼玉、千葉エリアに強い

マイナビは就職転職情報・支援の大手ですね。

その医師専門の転職支援サービスのマイナビDOCTORです。

東京、神奈川、埼玉、千葉エリアに強く、こちらのエリアで探されている方は情報量や転職ノウハウは確かですからチェックしておきたいですね。

経済
スポンサーリンク
ネオをフォローする
ちょっと知りたいことを紹介「知りたいナビ」

コメント

error: