加古隆(作曲家・ピアニスト)の有名作品・経歴・コンサート情報

Pocket

作曲家・ピアニストとして有名な加古隆さんですが、加古隆という名前は知らなくてもおそらく聞いたことがある有名な作品を作っています。

まあ作曲家さんは表に出てこないことが多いので「この音楽知ってる!」ってなることのほうがおおいですよね。

それにピアニストも好きでコンサートに行ったりしないと見ること聴くこともあまりなかったりしますからね。

ということで加古隆さんの有名作品から経歴、コンサート情報などを紹介していきたいと思います。

加古隆プロフィール

プロフィール

名前:加古隆(かこ たかし)
生年月日:1947年1月31日
年齢:71歳(2018年11月現在)
出身:大阪府豊中市
血液型:-型
身長:-
職業:作曲家・ピアニスト

主な経歴

主な経歴

大阪府豊中市生まれ
大阪府立豊中高等学校入学
1965年東京藝術大学入学
1969年東京藝術大学大学院へ進学
1971年フランス留学 パリ国立高等音楽院
1973年即興ピアニスト プロ・デビュー
1980年日本に帰国

その後はソロコンサートや様々な映画やテレビの音楽を担当されています。

作曲の特徴はジャズ・クラシック・現代音楽融合させた音楽ということなんです。
それを作り上げたのが若いころの活動だと思います。

小学校から中学時代にかけて、クラシック音楽のレコード収集に熱中になって、
大学生時代はジャズの演奏活動に夢中になって
ですが作曲の勉強とジャズを両方やっていては中途半端になるということで意識的にジャズからは距離を置いてそこから現代音楽の作曲家を志すようになったということです。

こういったクラシック、ジャズ、現代音楽の経験から現在の加古隆の曲が生まれたということだと思います。

では実際どういった作品があるのか紹介したいと思います。

おそらく知っている曲だと思います。

有名な作品

これまでいろいろな音楽を担当してきて曲を作り出してきたのですがその中でもみなさんが知っている有名なものもいくつもあります。

・「ニッカウヰスキー」のCF曲で1985年に出した「ポエジー」
ポエジー

・ドラマ「白い巨塔」の音楽を担当
白い巨塔サントラ

どちらもおそらく聞いたことがあると思います。

ポエジーなんかは今でも流れていませんかね。

白い巨塔の音楽は本当に脳裏に焼き付いていますね。

そして、2017年第68回「日本放送協会放送文化賞」を受賞しています。

加古隆の家族は

ちなみに加古隆さんの息子さんは俳優・声優で「加古臨王」さんです。

声優だけでなく、舞台などでも活躍しています。

声優では
「カードファイト!! ヴァンガードG」(多度ツネト)
を担当しています。

あとは今話題の2・5次元ミュージカル 刀剣男士(だんし)にも出演していて

2018年の紅白の企画枠でスペシャルステージを披露することになっています。

加古臨王さんのツイッターはこちら

その他の情報に関してはちょっとわかりませんでした。

コンサート情報

定期的にコンサートが行われていますね。

ネットのチケットサイトでも来年のチケットなども販売されています。

加古隆さんの公式サイトはこちら

まとめ

ということで作曲家でピアニストの加古隆さんについて紹介しました。

加古隆の名前より白い巨塔に流れる音楽とかポエジーが有名だったりしますね。

そういった有名な曲を世に送り出している方だったんですね。

息子さんの加古臨王さんもおそらく刀剣男士の一員として紅白に出場するんだと思います。

ということで加古隆についてでした。

ありがとうございました。

音楽家
スポンサーリンク
ネオをフォローする
ちょっと知りたいことを紹介「知りたいナビ」

コメント

error: