結婚祝いのお返しはどうすればいいの?

スポンサーリンク
Pocket


結婚祝いのお返しはお礼として必要ですが、わからないことなども多いと思います。
そこで結婚祝いのお返しに関してか知っておくべきことやマナーなどを説明したいと思います。

結婚祝いのお返しのマナー

結婚はおめでたい事であり、多くの人が新郎新婦に結婚のお祝いをしてくれる事が多いです。

そのため、結婚祝いを貰ったのであれば相手に失礼がないように、しっかりお返しをするのがマナーとなっています。

お返しの方法としては、内祝いとしてお返しするのが一般的です。

お返しの金額については、もらった金額の半分から少し多めの金額の物を贈るのが一般的です。

結婚祝いとして金銭を貰った場合には、金額がはっきりしているため返す金額もわかりやすいですが、物を貰った場合には、どの位の金額を返していいのかわからない事も多いです。

そのような場合には、もらった品の一般的な価格について調べ、品物の半額位の金額を返すのがいいです。

また結婚祝いを連名で貰った場合には、貰った金額や商品の金額を人数分で割り、それぞれ相手に返すのが一般的です。

内祝いに用いられる品については、相手が喜ぶ物を選ぶ事が大切です。

今では、内祝い用の商品を扱ったサイト等も充実しているため、このような所から商品を選んでおくのがいいです。

内祝いをお返しする時期については、挙式から1ヶ月以内に渡す事がマナーです。

この時、品物だけでなく、お礼の手紙等も添えるのがいいです。

結婚祝いのお返しの時期

結婚式が決まると結納、式の準備やドレス選び、また招待客リストの作成などたくさんのやるべきことがあります。

その段階で、お祝いを頂く事がありますが、日本では内祝いという形でお返しする慣例があり、なるべくマナーを覚えておくと便利です。

そもそも昔は内祝いとは、喜びを自分の周囲と分かち合おうという表現方法の一種でしたが、現在ではお祝いを頂いた相手への感謝の気持ちや、無事に結婚しましたという報告を贈り物と共に行います。

また、内祝いを贈る相手ですが、お祝いを頂いたのに披露宴に何らかの形でお招き出来なかった人や、先にお祝いを頂いていた場合、また式の欠席者へ用意します。

大体頂いた金額の半額くらいが内祝いのお返しになりますが、あまり安すぎても、かといって高額な物を用意する必要はなく出来ればお礼状を一緒に同封したり、頂いたらすぐに電話をいれると、何を贈るにしても相手に感謝の気持ちが一層伝わりやすくなり喜ばれるでしょう。

お返しする時期ですが、大体結婚式や入籍の1ヶ月以内を目安にするのが一般的で、もしもすぐに新婚旅行に行く予定があるならば、旅行から帰って来た後が良いでしょう。

うっかりし忘れやすい人は、内祝いを贈る先のリストをあらかじめまとめておいて、到着日時を指定して一斉に贈ると間違いないのでお勧めです。

あまりに時期が過ぎてしまうと、失礼に当たるので注意しましょう。

新住所や新しい氏名、結婚式が無事済んだ事をお礼とともに報告する意味もありますので、マナーを守って贈りたいものですね。

結婚祝いのお返し相場

結婚という大きな門出を迎えた二人には、周囲から祝福の意味で結婚祝いを頂くことがあります。

また、親戚等が多ければ多い程頂くお祝いも増えることが考えられますが、全てに対してきちんと内祝いという形でお返ししなければなりません。

それには、幸せのおすそわけという意味と、無事に式を挙げることが出来ましたという報告、またお祝いを頂いてありがとうという感謝の意味が含まれるため、たんなるお返しではないのです。

ですから、プレゼントも相手の喜ぶ顔を思い浮かべてじっくりと選びたいところですが、どうしても決めかねるときは、カタログギフトを送付して相手に好みの物を選んでもらうという手もあります。

カタログギフトは様々な種類があり、男性用女性用、また金額ごとに選ぶことも出来るので評判が高いのです。

結婚祝いのお返しの相場ですが、通常は頂いた金額のおよそ半分と言われています。

頂いたお祝いが品物だった場合、金額が不明の場合は、日常的に使用できる質の良いタオルやお菓子、ジュースなどの消耗品を選ぶと無難です。

もし内祝いを贈る相手が式前に既に決まっているのでしたら、披露宴の時に招待客にお渡しする引き出物をいくつか用意してそれを一斉に贈っても良いでしょう。

また、結婚のお祝いを頂くのは親戚や祖父母など、比較的年配の方が多いかもしれませんが、きっちり半額にしてお返しするよりは、相手が何を贈れば喜ぶのか考えて、結婚式や新婚旅行の写真を同封した手紙を送ったり、電話などで直接感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

結婚祝いのお返しにのし

結婚祝いのお返しものを贈る際には、のしをかけることが基本です。

そこで今日は結婚祝いのお返しにかけるのしについてご説明させて頂きます。

まず、水引です。

水引は10本タイプの水引で、結び切りになっているものを選びます。

10本タイプの水引は赤5本と白5本の2色の水引をあわせ、10本にすることから、固く結ばれたご両家の絆や、切れることがない2人の御縁の結びつきを意味するとも言われています。

結び切りを使うのは、1回だけで良い、2度と繰り返さないように、という願いが込められています。

尚この際、蝶結びの水引は使用しないように注意しましょう。

なぜならば、蝶結びは何度も繰り返したいお祝いに使うものであり、結婚内祝いに使うのはタブーだからです。

縁起を非常に気にする方もいらっしゃいますので、贈る前に確認をしておきましょう。

では、表書きはどうでしょう。のしの表書きは水引の上には寿や内祝と入れるのが現在では一般的です。

水引のの下の部分には、新しい姓のみか、夫婦の連名を書きます。

夫婦連名をにする時は右に新郎の名前、左に新婦の名前を入れます。

この部分に関しては家などの考え方もありますので、お互いの親に相談をする方が無難です。

通販などで結婚祝いのお返しの商品を購入するのであれば、のしもやってくれるのでやる必要はないです。

結婚祝いお返し体験談

お返しにはカタログギフトがオススメ

結婚祝いお返しはとても悩んで決めたのでその時の体験談を紹介します。
お返しに悩み行き詰まっていた時に、インターネットで一般的には何が贈られるのかチェックしていたら、お祝いお返しランキングがあったので調べたところ、ダントツの1位はカタログギフトであったため、お返しはそれにしようと話しがまとまったのです。
カタログギフトは様々なジャンルの商品が掲載されています。
幅広い年代に贈るお返しにはピッタリと感じ即決で決める事ができ良かったです。
しかもカタログギフトはわざわざ店舗に足を運ばなくても、自宅に居ながら好きな商品が選べるので、豊富なカタログギフトの中から、予算や好みを検討しピッタリの商品が見つかって良かったです。
カタログギフトなら贈られた側は商品を選べるドキドキ感があるし、贈る側は本人が好きな物を選べるという安心感があります。
双方にとってデメリットが無いので結婚祝いお返しにはピッタリの商品だと思っています。

結婚祝いお返しの体験談

私はかつて勤めていた勤務先を結婚するのにしたがって退職をすることになりました。
退職の時にかつての同僚や上司が私に餞別として結婚祝いをしてくれました。
そこで、素敵な結婚祝いお返しを用意することによって感謝の気持ちを伝えたいと思うようになりました。
インターネット上には多くの体験談が掲載されていたので、このような体験談を積極的に読み漁ることによって理想的な結婚祝いお返しをすることができると考えました。
インターネット上の口コミサイトではカタログギフトを贈っている人が多かったので、私もそうすることに決めました。
カタログギフトは予算が決まっているときにはとても分かりやすいものだと考えており、結婚祝い返しに贈ることによって、好きな商品を自分で注文してもらうことができるので助かりました。
結婚祝いお返しの内容には失礼のないものが良いと考えていたので、カタログギフトを贈ったことはとても良かったと実感しています。

結婚祝お返しサイト比較

結婚内祝い.JP

結婚内祝い.JPは結婚祝いのお返しに特化した専門サイトです。
写真入りメッセージカードなどのオリジナルサービスがあるのがポイントです。
カタログギフトから食品・タオルなどの日用品などラインナップも豊富です。

取扱い商品

カタログギフト・食品・タオル・雑貨・洗剤など

価格

500円以下や10,000円以上

ソムリエアットギフト

ソムリエアットギフトはカタログギフト・内祝いの専門店です。
特にプレミアムカタログギフトはとても人気になっていて多くの方が購入しています。
カタログギフト以外にも品揃えは豊富で良いと思う商品が見つかるのではないでしょうか。

取扱い商品

カタログギフト・食品・タオル・雑貨・キッチン用品など

価格

1,000円以下や50,000円以上

ラムビット 内祝ギフト

ラムビットは引出物、内祝い、様々なお祝いに対応したギフトの総合サイトです。
カタログギフトだけでなく、キャラクターギフトや有名ブランドのタオル、食品、キッチン用品、名入れ商品等、様々な商品が揃っています。

取扱い商品

カタログギフト・タオル・食品・雑貨・キッチン用品など

価格

1,000円以下や50,000円以上

コメント

error: