キーボードは水洗いできるの!?おすすめの水洗いの方法は?

Pocket

デスクトップで使うキーボード、会社で使っていたらコーヒーをこぼしてキーが反応しないとか、お茶をこぼして慌てて拭いたけど変な文字になる、とか。
ヘルプデスクやシステム部へ駆け込んでいらっしゃる方、いませんか?
以前ヘルプデスクをしていた私は、分解して拭いていました(液体の種類や経過時間、こぼし方にもよりますが、意外となおります)。

今回はお掃除をする目的で、キーボードを水洗いしてみます!

キーボードって水洗いできるの?

最近では高性能な「水洗い可能キーボード」があるってご存知ですか?
なんと水を排出する穴までついている!欲しい!
こういうのがあったら、私なら喜んでコーヒーこぼしちゃいます。

でも、一般的にキーボードは水洗いしない方がいいです。
むしろ、溶剤や研磨剤は使わないで下さいとの注意書きがありますね。

ですが、キーボードのキーとふたの部分は洗えると思いませんか?
キーやふたを外して、お掃除をするために洗ってみましょう。

キーボードを確かめてみよう

キーも洗いたい方は、ドライバーなど硬いものに布をまいて1つキーをそっと外して裏のツメの部分を確かめて下さい。
ツメが1つの場合は欠けやすいので、洗うのはやめた方がいいです。
あきらめて掃除機で吸ったり柔らかい布にクリーナーをつけて拭きましょう。
エアーダスターも便利ですよ。

適当に外していた筆者は写真のようにツメが外れてしましました。

ネジを外してふたを開く

キーボードの写真をまず撮りましょう。
洗った後キーをはめる時に使います。

次に裏返しにしてネジを全て外します。
外したらふたと台座の隙間に布を巻いたドライバーなどを挟みこみ、少しづつ開いていきます。

でも、開かない。どうしても開かないっていうときは、隠れて見えないネジか他のもので固定されているので、開くのはあきらめましょう。


▲ツメが1つのキーボード。
開くのも硬かったのであきらめました。


▲キーのツメが2つあるキーボードの方は、シールの下にネジがありました。


▲ふたを開けると中はこんな感じです。
メンブレン式と呼ばれるものです。


▲スペースキーのようなキーは、金具の部分を外して洗います。
金具を外すときは、力の加減に気を付けて外して下さい。

キーを全て外したらいよいよ洗います。
ふたの部分とゴムシートは水洗い、キーには洗剤(筆者は手洗い洗剤)を少し入れて洗いました。


▲ふた


▲ゴムシート


▲キー

思いっきり汚れていたので、キーとか気持ちよさそうですね。


水洗いで取れなかった汚れは、綿棒などでこすります。

その後筆者は1日ほったらかして乾かしました。


乾いたら、キーを元の位置にはめていきます。パズルみたいですね。


最後にふたの部分と台座を合わせて裏返し、ネジを閉めて終わりです。
動作確認も忘れずに行いましょう。

筆者は、ゴムシートがあるメンブレン式のキーボードしか掃除をしたことがないのですが、他の種類のキーボード(静電容量無接点方式とMXスイッチと呼ばれる高価なもの)も掃除したい、というか中を見てみたいですね。

掃除が終わったら、色々な色のキーを購入してみるのはどうでしょう?
カラフルなキーを購入して、オリジナルの可愛いらしいキーボードも作ってみたいですね!

コメント

error: