河野太郎大臣のマスク「大磯 照ヶ崎」|どこで買えるの?購入方法は?

マスクや日用品
スポンサーリンク

河野太郎大臣のマスクは以前からいろいろなデザインのものを使用されていて「オシャレ」とか「かわいい」って声がよくありましたね。

河野太郎大臣のしているマスクはいつもかなりデザインが目立つので気になりますよね。

そして、今回「大磯 照ヶ崎」って書いてマスクですね。

実際に使用されています。

ということでこのマスクについて調べてみました。

スポンサーリンク

河野太郎大臣のマスク「大磯 照ヶ崎」とは

河野太郎大臣は以前からこういったマスクをしてましたけど、これは

市民団体「アートプロジェクト大磯」が、2017年に高来神社で開催された「大磯高麗山芸術祭」で照ヶ崎海岸の伝説のプロモーションを兼ねて200本製作したもの

だそうです。

これ手ぬぐいで「タコ手ぬぐい」というそうです。
この手ぬぐいで仕立てたマスクが話題になったわけなんです。

ちなみに「大磯 照ヶ崎」という名前は「大磯は地域名」で、「照ヶ崎は海岸」ということなんです。

大磯は神奈川県中郡大磯町の地名
照ヶ崎は神奈川県中郡大磯町の照ヶ崎海岸

この手ぬぐいが作られたのは相当前なりますね。
しかも200本製作ということで限定ですね。

そして、2020年7月に「大磯らしい手ぬぐい」を探す河野大臣の秘書がお店を訪れて購入したそうです。

なぜ河野太郎大臣は「大磯 照ヶ崎」マスクを購入したのか

河野太郎大臣の生まれは神奈川県平塚市で、選挙も神奈川15区から立候補しています。

神奈川15区は「平塚市、茅ケ崎市、中郡」ということで大磯は「中郡大磯町」ということで選挙区内なので地元のPR貢献というところだと思います。

もう地元のPR貢献大成功ですね。

では河野太郎大臣のマスク「大磯 照ヶ崎」はどこで買えるの?購入方法は?というところで紹介します。

河野太郎大臣のマスク「大磯 照ヶ崎」|どこで買えるの?購入方法は?

まず「大磯 照ヶ崎」のマスクは200本製作ということでしたけど、2020年7月に河野大臣の秘書が購入してその後話題になり完売になりました。

ですが多くの問い合わせを受けて再販となったようです。

購入できるところは「大磯駅前観光案内所」で現在は販売されていない可能性もあります。

在庫などがあるのかわからないので事前に問い合わせて確認しておくのが良いと思います。

住所:神奈川県中郡 大磯町大磯878−1

大磯駅前観光案内所はこちら

まとめ

河野太郎大臣と言えばいろいろなデザインのマスクをしていることが多いですね。

河野太郎大臣と言えば地元が神奈川県平塚なのでプロサッカーチームの湘南ベルマーレの元取締役会長を務めていたこともあり、湘南ベルマーレのマスクも良くしていますね。

そして、やっぱり一番注目されたのが「大磯 照ヶ崎」マスクですね。

インパクトありますしね。

ベルマーレマスクもそうですが、大磯ということで河野太郎大臣の地元で地元愛を感じますね。

よくメディアにも出てくる河野太郎大臣ですからこれからもこのマスクを見かけるんでしょうね。

実際に再販ということで購入できるようですが、また完売とかになっているかもしれませんので事前に大磯駅前観光案内所に問い合わせて確認するのが良いと思います。

ということで河野太郎大臣のマスク「大磯 照ヶ崎」|どこで買えるの?購入方法は?についてでした。

タイトルとURLをコピーしました