紅白歌合戦はジャニーズばかりで多すぎの声!なぜ多いの?

エンターテイメント
スポンサーリンク

2020年の紅白歌合戦の出演者が決まって、どういった男性アーティストが選ばれたか見てみると白組21組中7組がジャニーズという結果になりました。

ジャニーズファンには嬉しいでしょうけど、いろいろなアーティスの歌を聴きたい方からしたら多すぎない?という気持ちになると思います。

ちなみに私は肯定派でも否定派でもありません(年末はガキ使、格闘技派なので)が、なぜ多いのか、多くなったのかというのはちょっと興味があります。

過去から紅白のジャニーズの歴代出演者をチェックしてみるとわかるのですが、確率的にはどんどん増えていっています。

ちなみに2020年の出演者はこちら

・嵐(12)
・関ジャニ∞(9)
・Kis-My-Ft2(2)
・King & Prince(3)
・SixTONES(初)
・Snow Man(初)
・Hey!Say!JUMP(4)

2008年は

・TOKIO(15) 雨傘
・SMAP(16) この瞬間、きっと夢じゃない 紅白SP

だったことを考えるとかなり増えてきました!

さすがに2020年は3分の1がジャニーズですからこれは多すぎでは?という声も結構聞こえてきますが、なぜここまでジャニーズの出演者が多くなったのでしょうか。

スポンサーリンク

紅白歌合戦はジャニーズが多い理由は?

私なりに紅白歌合戦に出演するジャニーズが多いのかを独断と偏見で考えてみました。

・CDが売れている実績
・人気がある、視聴率が取れる
・他のアーティストがそもそも紅白歌合戦に出るつもりがない、独自でライブをやっている、今年の年末年始はメディアに出ない
・これまでの実績、ジャニーズの貢献度

CDが売れている

オリコンランキングなどでCDの売り上げランキングを見るとやはりジャニーズが上位にきます。

まずオリコン上半期ランキング2020を見てみると

合算アルバムランキング

4位ジャニーズWEST
6位Kis-My-Ft2
8位木村拓哉
9位Sexy Zone

合算シングルランキング

1位SixTONES vs Snow Man

アルバムランキング

3位ジャニーズWEST
4位Kis-My-Ft2
7位木村拓哉
9位Sexy Zone

シングルランキング

1位SixTONES vs Snow Man
9位Hey! Say! JUMP

というところでSixTONES vs Snow Manは総売上20億円越えということで売れています。

2020年10月度シングルランキング

1位Snow Man
2位Hey! Say! JUMP

2020年9月度シングルランキング

1位Kis-My-Ft2
3位V6

2020年8月度シングルランキング

2位関ジャニ∞
4位Snow Man

2020年10月度アルバムランキング

上位10位以内なし

2020年9月度アルバムランキング

1位King & Prince

2020年8月度アルバムランキング

上位10位以内なし

参考:オリコンランキング

といった感じでまずCDが売れます!

この数字としての評価はありますよね!

ただ、デジタルランキングになるとジャニーズはなかなか上位には入ってきません。
やはりジャニーズが好きな人はCDを買うということがわかりますね。

こうやってみると

Snow Man
Sexy Zone
King & Prince
Hey! Say! JUMP
Kis-My-Ft2
ジャニーズWEST

あたりは数字として表れていますね。Sexy ZoneやジャニーズWESTは選ばれていませんけどね。

人気がある、視聴率が取れる

もちろんジャニーズということもあるでしょうが、テレビに出ていて人気がある人が多いですね。

視聴率もとれるということも大きいのではないでしょうか。

毎年、紅白歌合戦が行われる会場を見てみるとわかるのですがジャニーズファンが多いというイメージもありますね。

まあジャニーズの出場者が増えればそうなるのは当然かとも思いますけどね。

他のアーティストはそもそも紅白歌合戦に出るつもりがない、独自でライブをやっている、今年の年末年始はメディアに出ない

NHKから出場の打診があってもそもそも紅白歌合戦に出ないアーティストもいますよね。

ちなみに男性アーティストで今年売れてたり、知名度があるアーティストはこのあたりかと思います。

・Official髭男dism
・King Gnu
・米津玄師
・RADWIMPS
・BTS

まずBTSは出ないでしょう。

米津玄師も去年は中継で出ましたけど、基本テレビには出ませんからことしはどうだったんでしょうかね。

Official髭男dismは出場

King Gnu、RADWIMPSは選ばれていない可能性もありますが、断っている可能性もありますよね。

これまでの実績、ジャニーズの貢献度

これはもちろんあるでしょうね。

実績に関してはジャニーズに限らず他のアーティストもありますし出場していますからね。

あとはジャニーズのこれまでの貢献度もあるでしょう。

ビルボードのチャートをチェック

ここでさらにビルボードのチャートはなかなか参考になると思います。

ビルボードのチャートは

CD売上
動画再生回数
ストリーミング再生数
ダウンロード
カラオケでの歌われた回数
SNS
など

など様々な指標でランキングを決めています。

そこのBillboard Japan 2020年上半期チャートでの男性アーティストのランキングはこちらで

1位 Official髭男dism
2位 King Gnu
4位 米津玄師
5位 BTS
6位 
7位 Mrs.GREEN APPLE
8位 Snow Man
10位 back number
11位 SixTONES
13位 菅田将暉
14位 RADWIMPS
15位 ONE OK ROCK
18位 JO1
19位 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
20位 ヨルシカ

引用:Billboard Japan 2020年上半期チャート

と4組のみでした。

King Gnuは普通に考えて選ばれるところでしょうが選ばれなかったということは本人達が断ったとしか考えられないくらいですね。

紅白歌合戦はジャニーズばかりで多すぎの声!なぜ多いの?まとめ

・人気、知名度、テレビ露出度、CD売り上げなどでジャニーズが多く上位に入ってくることは確か
・人気で大物アーティストは断っている可能性も多々ある

といったところからいろいろ調べてみるとまあジャニーズから数組選ばれても理解するところではあります。

あとそれにジャニーズは紅白出場断りませんよね。
もし紅白出場を断るの禁止ならサザンとか桑田佳祐さんがずっと出てるはずですからね。
ミスチルも今年で2回目で本当なら20回くらい出ててもおかしくないですからね。

ただ、このアーティスト何で落選という声もありますよね。
落選しているところではAKBとかは何でってなっている方も多いかもしれませんね。
他にもジャニーズWESTやSexy Zoneとか選ばれても・・・。というファンもいるでしょう。
さすがにこれ以上ジャニーズが選ばれるとジャニーズ紅白歌合戦になってしまいますね。

忖度とかっていう声も聞こえてきますけど、選考基準が数字などでこれって決まっていないですからこればっかりは仕方ないところですよね!

選考基準が数字で決まっているならわかりやすいですが、決まっていないということはいろいろな目に見えない部分や感情なども入ってくるはずですからね。

まあ肯定派否定派いろいろいるとは思いますが、楽しんでみましょう!見ない方はガキ使とか格闘技ですね!

大みそかは井岡一翔vs田中恒成戦もありますからね!

ということで紅白歌合戦はジャニーズばかりで多すぎの声!なぜ多いの?でした。

error:
タイトルとURLをコピーしました