那須川天心と武尊はなぜ対戦しないのか?いつ実現するのか!

格闘技全般
スポンサーリンク

キックボクシングで日本で強い選手といえば「那須川天心選手」と「武尊選手」です。

那須川天心選手はこれまで負けなしですし、武尊選手はプロ6戦目に負けただけであとは負けていません。

二人とも階級(体重)もほとんど変わらずそこは調整して合わせることができるので対戦は十分に可能なんです。

二人は対戦可能な階級でどちらもキックボクサーなのになぜ対戦しないのかです。

もうずっとこの階級では勝ち続けている二人でもう対戦しても良いはずだし、間違いなくすごく盛り上がるはずなんです。

でももう何年も対戦が期待されながら実現していないのはなぜなのかです。

スポンサーリンク

那須川天心と武尊はなぜ対戦が実現しないのか?

那須川天心と武尊はなぜ対戦が実現しないのか?!

これはもう簡単で

所属団体が違うから

です。

那須川天心選手は「RISE(ライズ)」に所属していて、武尊選手は「K-1」に所属しています。

それぞれ団体が違っていて過去にも対戦をという話があがっていましたけど、現在も実現はしていません。

それぞれ所属団体との契約があるので対戦が難しくなってしまうわけです。

二人の対戦相手を見るとわかるのですが、

那須川天心選手の対戦
那須川天心選手はRISE主催の大会に出場するのはもちろんですが、RIZINに出場したり、畑が違う元アメリカのレジェンドでプロボクサーのメイウェザーとボクシングルールで対戦したりと比較的柔軟に対応しています。
武尊選手の対戦
武尊選手のK-1はなかなかK-1以外の試合というのが組まれいないようですし、契約上難しいような感じです。

という感じなんです。

那須川天心選手のRISEの方が柔軟なように思いますが、実際那須川天心選手サイドもなかなか試合ができないということもあるようです。

那須川天心選手も武尊選手も対戦を熱望しているようですし、あとは所属団体次第ということですね。

那須川天心と武尊の対戦を実現するには

では那須川天心選手と武尊選手の対戦するにはどうすればよいのかですが、

・どちらかが所属団体を辞める
・両団体の交渉が成立する
一番早いのがどちらかが所属団体を辞めてどちらかの所属団体に入るということです。

ただ、どちらも団体のエースですし、団体を背負っています。

それはなかなか難しいのではないでしょうか。

あとは那須川天心選手と武尊選手の対戦を実現されるためには

両団体の交渉が成立すること

しかないですね。

これに関してはかなり話し合っているようで

報道では2021年6月東京ドームでというのが出ています。

実際K―1もRIZINも前向きに対戦に向けて話し合いを進めているということが記載されています。

実現へ向けて進んでいるようですね。

那須川天心と武尊はいつ対戦が実現するのか

二人とも前向きなようで2020年の大晦日の那須川天心選手の試合に武尊選手が来場していましたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

武尊 / Takeru(@k1takeru)がシェアした投稿

RIZINの榊原CEOの話でも実際話は進められているようです。

ただ、どちらかの団体の大会で試合をするというのは難しいようで、あるとするなら「中立で!」ということのようです。

那須川天心vs武尊の対戦はいつになるのか

では対戦はいつ実現するのかです。

2020年1月29日の報道では6月東京ドームというのがでていましたけど、まだ話し合いの途中で何も決まっていません。

まだどうなるのかはわかりません。

もし6月が無理としても

対戦が実現するなら2021年の可能性!というか2021年しかないかも!?

もう対戦が実現するなら2021年中しかないのではないでしょうか!

なぜかというと那須川天心選手が2020年9月27日の試合後の試合後インタビューで

「キックボクシングの試合はあと10試合もやらないと思う」

ということを発言していてボクシングに転向するということなんです。

なので予想では2021年中でしか試合が実現しない可能性があります。

インタビュー記事:GONG

では対戦はいつ実現するのかです。

まずそれぞれの直近の試合で言うと

武尊選手が1月24日に試合 中止
那須川天心選手が2月28日に試合

があります。

ということは二人の試合の間隔を考えると

もし順調に話が進んで次の試合ということになれば那須川天心選手と武尊選手の対戦は

2021年の6月とか7月あたりになるのかな

と考えられます。

実際にRIZINの榊原CEOの話でもオリンピック前くらいということを話していたので順調に話が進んで2021年の夏前くらいに対戦が実現してほしいですね。

もしうまく話が進まなければ2021年の年末に那須川天心選手のキックボクシング最後の試合というのもとても盛り上がるかもしれませんね。

那須川天心選手のボクシング転向ということもあるので2022年以降となると実現はどんどん難しくなってくるかと思います。

2021年1月16日追記

RIZINが3月14日(日)に東京ドームで開催予定ということでここで対戦ということなら舞台としては最高ですが、さすがに全試合からの感覚が短すぎますし、まだ3月だと普通に客を入れて開催できるような状態にはなっていない可能性もあるのでなんとも言えないのではないでしょうか。

まとめ

といったところで対戦がなかなか実現しないのは所属団体が違うというところです。

ここ数年は二人の対戦に関してはかなり話題になっていて2021年は両団体でも話が進んでいるようです。

ただ、団体が違うのでなかなか難しいようですね。

那須川天心選手もボクシングに転向するということを語っていますし、対戦するまでの時間もそれほどないかもしれませんし、順調に話が進んでほしいですね。

ファンとしてはこの二人の対戦は当然見たいですし、キックボクシング界だけでなく、格闘技界も盛り上がるでしょうし、両団体にも頑張って調整してもらってぜひとも対戦してほしいです。

ということで那須川天心と武尊はなぜ対戦が実現しないのか?いつ実現するのか!についてでした。

格闘技全般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「知りたいナビ」
タイトルとURLをコピーしました