お月見はいつ?お供え物の意味と由来は

Pocket

秋になり風が心地よくなってくると、ススキもちらほら目につきます。
お団子でも作ってお月見すれば風流だなぁなんて思ったところで、あれ、お月見はいつだっけ?なんて慌ててカレンダー見てませんか?
筆者もそのタイプです。
では、お月見はいつ頃するのか、またお供え物の意味や由来についても一緒に見てみましょう。

お月見はいつするの?

お月見はいつすればいいんでしょう。
お月見は、まあるい満月を愛でる風習のこと。
でも1年のうちに、満月は何回もめぐってきますね。
1年の中でも特に秋の満月は美しいとされていて、旧暦で言う8月15日を「中秋の名月」と呼ぶそうです。
2018年の中秋の名月は9月24日なので、この日にお月見をすればいいですね。
毎年違うそうですから、「あれ、お月見っていつ?」で良かったということになります(笑)。
ちなみに満ち欠けやうるう年や周期の問題で、中秋の名月の日は、満月の年と満月ではない年があるんですって。

十五夜、十三夜、十日夜

♪うさぎうさぎ
なにみてはねる
じゅうごやおつきさま
みてはねる♪

有名なわらべ歌です。ここにも「じゅうごや」が出てきますね。
十五夜とは満月のことで、主に中秋の名月を指す言葉です。
月の満ち欠けの周期はおよそ15日であり、満月は大体15日目にあたることからこの名があるそうです。

ところが、十三夜や十日夜(とうかんや)もあるってご存知ですか?
十三夜はその満ち欠けの周期でいう13日目にあたり、十五夜の後の約1か月後にくるお月見の日だそうで、やはりこちらもその年によって日にちが変わります。
2018年は10月21日になります。
よく晴れる日とも言われているそうです。
十五夜を見逃した方は、こちらでもいいかもしれませんね。

また、十五夜だけ見ることを「片見月」や「片月見」と呼び、縁起が悪いらしいので、十五夜を見た方はぜひこちらも眺めてみてはいかがでしょうか。
満月の前なので、少し痩せたお月様ですね。

十日夜は、お月見ではなく収穫祭のことで、稲刈りが終わりその年の収穫と次の年の豊穣を祈って行われる行事のことです。
地方によって異なるそうですが、田んぼの神様にお餅などをお供えしたり、餅を焼いて食べる案山子(かかし)上げが行われたり、子ども達がわら鉄砲を叩いて回ったりしたそうです。
今年もありがとう、また来年もよろしくお願いしますと神様にお伝えする行事、ということですね。

お供え物の意味と由来

お月見のお供え物といえば、ススキとお団子ですね。
代表的なお供え物を見てみましょう。

ススキの意味と由来

ススキは、稲穂に似ていることから稲穂の代用として用いられました。
また依り代(よりしろ)と言って、神様がよりつく、来てくれるものという意味もススキにはあります。
ススキの切り口は鋭いことから魔よけの意味も持ち、月の神様がきてくれるようにススキをお供えしたそうです。

お団子の意味と由来

中秋の名月は、別名「芋名月」と言いますが、ご存知ですか?
元々は里芋をお供えしていたのが、里芋を真似て米粉を使ったお団子を作ったのが広まったようです。
まん丸い形は満月のお月様を見立てて作られていますが、関西では里芋を見立てて少し尖がっていたりと、地方によって形も違うそうですよ。
お団子って写真で見ると、よくピラミッドのように飾られてますね。
お団子の数も、十五夜には15個、十三夜には13個としたり、1年に出る月の数をお供えしたりするようです。
並べ方もあるそうですが、きれいに三角になればいいかな、と個人的には思います。
他にも里芋などの秋にとれる野菜や果物をお供えしたり、お酒をお供えしたりします。

月と女性

月が好きな女性の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
月のサイクルと、女性の生体リズムは深く関わりがあるとされ、月経も月と大体同じ周期でめぐってきます。
月の満ち欠けに注目して体を整えていくと、生理痛が軽くなったりと体の不調が改善するそうです。
お月見をしながら、体を整えて明日に備えるのもいいですね!
https://www.dinos.co.jp/hotdinos/antenna/body/090901/
ディノスのキレイと元気のためのお役立ち情報サイト。月のサイクルに沿って体を整えるヒントが満載です。

さいごに

子どもと一緒にだんごの粉で団子を作り、ススキをとってベランダでお月見はいかがでしょうか。
お団子をコネコネして丸く作るのは、子どもが喜んで取り組めるのでおすすめです。
中にアンコを入れてもいいし、硬くならないように豆腐を入れてもおいしいので、工夫して一緒に食べられるといいですね。
でも、近くにススキがなく、忙しくてお団子も子どもと作れないかもしれません。
そうしたら、スーパーに売っているお饅頭や月餅でもいいし、とりあえず丸くておいしいものを飾るのはどうでしょう。
神様にお供えしてから、その食べ物を下げて頂くことで、神様との結びつきが強まるとも言われています。
もしかしたら、月に想いを馳せることで、明日一日頑張れる活力を月から頂けるかもしれませんよ。

イベント
スポンサーリンク
hiromiをフォローする
ちょっと知りたいことを紹介「知りたいナビ」

コメント

error: