ピンポンパンポンプー絵本の予約(購入方法)|この絵本ができた経緯

エンターテイメント
スポンサーリンク

2020年11月26日発売の絵本「♪ピンポンパンポンプー」がとても話題になっていて4回の発売前重版を決定し、ついに10万部突破!しています。

気になるのが売り切れなどですが、発売前重版ということでその都度重版しているので現時点では購入できそうですね。

これほど人気になっているのはテレビ番組の「中居正広のニュースな会」から始まって絵本になったという経緯があるからですね。

みなさんご存じかと思いますが、この本を作ったのがこの3人で

監修・中居正広
キャラクターデザイン・劇団ひとり
脚本・古市憲寿

となっているもの人気の一つでしょう。

では早速購入方法ですが、絵本「♪ピンポンパンポンプー」の予約(購入方法)を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

絵本「♪ピンポンパンポンプー」の予約(購入方法)

まず予約(購入方法)としては「全国書店」や「ネット書店」などでできます。

ネットで簡単に予約できてポイントも貯まって、大手ということで言うと「Amazon」や「楽天ブックス」がおすすめかと思います。

楽天ブックスなど送料無料ですしネットで購入しても問題ないですね。

初回限定特典として「クリスマスカード 1枚」(初版および、発売日前日までのすべての重版分に付きます)がもらえますからね。
この絵本「♪ピンポンパンポンプー」ができた経緯をもう少し紹介したいと思います。

絵本「♪ピンポンパンポンプー」ができた経緯

テレビ番組の「中居正広のニュースな会」の中で中居さんの会社「のんびりなかい」のグッズを劇団ひとりさんが勝手に作るというのが恒例になっていたんです。

その中でカーエンブレムを作った際、絵が「カピパラ」だったのですが、カピパラは「ネズミ目テンジクネズミ科カピバラ属」ということで、中居さんが「ネズミ年」ということからカピパラをのんびりなかいマスコットキャラクターしようということなってきたんです。

そこで出来上がったのが今回の絵本「♪ピンポンパンポンプー」に出てくるカピパラの「のんちゃん」と「びりーくん」です。

そこから絵本の話が始まってどんどん話が進んでいったというわけです。

でそれぞれの担当が

監修・中居正広
キャラクターデザイン・劇団ひとり
脚本・古市憲寿

となってこの絵本が完成したということです。

この3人が協力して作った絵本ってどんな絵本なのかとても興味深いですよね

まとめ

発売日 2020年11月26日
書籍名 ♪ピンポンパンポンプー
著者 中居正広 劇団ひとり 古市憲寿
出版社名 マガジンハウス
価格 1,500円(税別)
ページ数 36p
発行形態 単行本

発売前にして10万部突破ということでとても人気になっているわけですけど、ずっとテレビ番組の「中居正広のニュースな会」でもやっていましたしね。

これだけ人気になれば第二弾もありそうですし、番組内でも言っていたアニメ化とかテーマパーク「のんびりーランド」とかっていう話まで進むかもしれませんね。

ということでピンポンパンポンプー絵本の予約(購入方法)|この絵本ができた経緯でした。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました