ゴンチャの彩々粥「参鶏湯・生姜トマト・塩昆布」口コミ・評判をまとめてみた

グルメ
スポンサーリンク

ゴンチャといえばタピオカミルクティーですよね。

私もゴンチャのタピオカミルクティーを飲もうと思ったら長蛇の列で諦めたこともありました。

そして、タピオカブームも落ち着いてきて次はゴンチャが彩々粥「参鶏湯・生姜トマト・塩昆布」の新商品を発売「10月16日(金)に発売(一部の店舗を除く)」していて私もちょっと気になったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ゴンチャの彩々粥「参鶏湯・生姜トマト・塩昆布」まとめ

彩々粥(さいさいがゆ)とは「お粥をアレンジしたもの」ということだそうです。

そして、ゴンチャの彩々粥は3種類で

中華風のお粥をベースにした「参鶏湯」、「生姜トマト」
日本の白粥をベースにした「塩昆布」

になります。

参鶏湯(サムゲタン) 店頭価格ティーセット680円|単品 540円(税抜)
生姜トマト 店頭価格ティーセット680円|単品 540円(税抜)
塩昆布 店頭価格ティーセット620円/単品 480円(税抜)

※2020年10月19日ゴンチャ公式サイト確認

そして、気になるのがこの3種類の彩々粥がどういったものなのかです。

特に味とか気になりますよね。

ゴンチャの彩々粥「参鶏湯・生姜トマト・塩昆布」の口コミ・評判チェック

ゴンチャの彩々粥「参鶏湯」の口コミ・評判

ゴンチャの彩々粥「生姜トマト」の口コミ・評判

ゴンチャの彩々粥「塩昆布」の口コミ・評判

ゴンチャの彩々粥には参鶏湯・生姜トマト・塩昆布のどれを注文する?

ここで参鶏湯・生姜トマト・塩昆布の中のどれにしようか迷いますよね。

ここで公式サイトの彩々粥の特徴で紹介すると

彩々粥 参鶏湯(サムゲタン)
鶏のだしでお米がとろとろになるまでじっくりと煮込み、生姜の香りをアクセントにした中華風のお粥に、蒸し鶏とフライドオニオンを合わせ、松の実、糸唐辛子をトッピングした、鶏の旨味を感じるやさしい味わいのお粥です。

彩々粥 生姜トマト
鶏のだしでお米がとろとろになるまでじっくりと煮込み、生姜の香りをアクセントにした中華風のお粥に、トマトソースと鶏そぼろを合わせ、粉チーズ、パセリをトッピングした、トマトの酸味を感じるさっぱりとした味わいのお粥。洋風な印象のトマト粥を、葱生姜醤を効かせることでゴンチャらしくアジア風にアレンジしました。

彩々粥 塩昆布
国産米を五分粥に仕立て、食感を楽しめる昔ながらの日本の白粥に細切りの塩昆布をトッピングしました。お米の甘みを感じ、シンプルでどこかほっとする、日本人に親しみ深いお粥です。

引用:https://www.gongcha.co.jp/news_saisaigayu_201007/

となっていて、

参鶏湯(サムゲタン)といえば韓国料理の一つで薬膳料理や補身料理とされていますが、私も韓国て食べたことがありますが、美味しかったですね。

 

生姜トマトは中華風のお粥ということですが、トマトソースに粉チーズということで女性は好きな方がおおそうですね。

 

塩昆布は和という感じですね。シンプルに美味しそう!

まとめ

ゴンチャの彩々粥には参鶏湯・生姜トマト・塩昆布の3種類がありますが、参鶏湯が人気なんですかね~?

生姜トマトも美味しそうですけどね!

阿里山 ウーロンティー、ウーロンティー、ジャスミングリーンティー、ブラックティーの4種類のお茶に合うということであわせて利用するのも良いかもしれませんね。

error:
タイトルとURLをコピーしました