シャイアー(製薬会社)ってどんな会社?武田薬品が買収したけど株価とかどうなの?

Pocket

こんにちは!

今回は先日武田薬品が買収をした製薬会社の「シャイアーについて紹介したいと思います。

武田薬品と言えば日本でも大手の会社ですね。

その武田薬品がアイルランド製薬大手のシャイアーを買収した買収額はなんと【約6兆2000億円】ということなんです。

これは過去にさかのぼっても一番の買収額になります。

すごい金額ですね。

では気になるのがなぜこのようが巨額の金額で買収したのか?というところです。

今後の武田薬品についても気になります。

特に気になるのが投資家のみなさんではないでしょうか。

一番は株価に影響してきますからね。

ということでシャイアー(製薬会社)ってどんな会社?武田薬品が買収したけど株価とかどうなの?ということろで紹介したいと思います。

会社概要

会社 シャイアー(英: Shire plc)
設立 1986年
本社 アイルランド・ダブリン
事業内容 医薬品の開発・製造
など
備考

簡単な会社概要はこんな感じです。

本社はアイルランドにあって、設立は1986年とそれほど古い会社ではありませんね。

当時4人の起業家により設立されたそうです。

そこから1996年にロンドン証券取引所に上場しているということでどんどん成長している会社ということですね。

これだけ急成長できたのもシャイアーは多くの企業を買収してきたというのもあると思います。

2000年代には買収を繰り返していますね。

そして、2013年4月に日本法人のシャイアー・ジャパン株式会社を設立しています。

そして、武田薬品工業が460億ポンド、約6兆2000億円で買収という流れになったわけです。

売上高は3兆円を超えて日本企業では初めての世界トップ10に入る巨大製薬企業となるわけです。

今後の武田薬品の狙いは?

基本的にはグローバル化の中で生き抜いていくために、国際競争力に買っていくためにというところですよね。

もっと見てみるとまずシャイアーの事業内容は医薬品の開発・製造なのですが特に希少疾患や特殊疾患が主ということです。

革新的医薬品を開発、提供することに注力しているシャイアーを買収したというところから何となく方向性が見えてきますね。

今回の武田薬品の巨額買収についての声

・買収価格が高過ぎる
・財務リスクが大きすぎる

などの声があります。

一般市民の声

株価・市場の反応は?

市場の反応は悪くないようですけどね。

ただ、気になるのは2019年1月8日に「米格付け大手のS&Pグローバル・レーティング」が武田薬品の格付けを「シングルAマイナス」から「トリプルBプラス」に1段階引き下げています。

まとめ

今回の買収は本当に巨額で日本では過去最高なわけです。

武田薬品の時価総額よりも高い会社を買収したわけでもあります。

武田薬品の株価でいうとずっと落ちていて2011年から2012年の低い株価に迫るところまできていましたからね。

ここから今回の買収でどういった動きになるのか本当に注目されます。

特に投資家、武田薬品の株を持っている方は気が気ではないですね。

今後の動きに注視していきたいですね。

ということでシャイアー(製薬会社)ってどんな会社?武田薬品が買収したけど株価とかどうなの?でした。

ありがとうございました。

経済
スポンサーリンク
ネオをフォローする
ちょっと知りたいことを紹介「知りたいナビ」

コメント

error: