しぶんぎ座流星群2019年1月4日が見ごろ?見える場所・方角・スポットは?2018年の感想

Pocket

こんにちは!

今回は「しぶんぎ座流星群」について紹介したいと思います。

しぶんぎ座流星群は8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群のひとつとして有名です。

先月の2018年の12月にはふたご座流星群がきれいに見ることができた人も多いのではないでしょうか。

そして、今回はしぶんぎ座流星群ですが2019年1月4日が見ごろということで見える場所・方角・スポットについて、2018年のしぶんぎ座流星群の感想も紹介したいと思います。

しぶんぎ座流星群とは

しぶんぎ座流星群は12月の年末から1月初めころに良く見える流星群で2019年は1月4日あたりが見ごろということです。

▽どれくらい見られるのか
1時間あたり40個ほどみられるということですが年や時間によってばらつきもあるようです。

▽時間帯
日本では1月4日の11頃が一番の見どころということで昼ですが、夜も見られるようです。
流れ橋は日付が変わった真夜中頃から夜明けあたりが多く見やすい時間帯ということです。
時間的には子供はちょっと眠たい時間たですね。

▽見やすい地域・方向

まず日本では東北や北陸など日本海側では見えにくいようです。
関東、中部、四国、九州などの地域が比較的に見やすいようです。

方向でいうと北東の方ということですが、まずは暗いところが一番見やすいですね。
月明りなどでも見にくくなる可能性もあるのでその辺りも気にしながら見られると良いのではないでしょうか。

2018年のしぶんぎ座流星群の感想

2018年は月明りなども含めてかなり条件が悪かったようです。

感想でもほとんど見られなかったという方が多かったですね。

しぶんぎ座流星群は年によってばらつきがあるようで2019年はどうなのでしょうか。

2018年よりは良さそうですが、タイミングであったり場所次第になりそうですね。

まとめ

2018年は月明りでほとんど見られなかったという感想が多かったようですし、年によって違うので今年はどうなのかというところですね。

2018年12月のふたご座流星群のように安定的に見にくいかもしれませんが、タイミング次第では結構見られるようなので本当にタイミング次第みたいですね。

明け方が特に流れ星が多いということが言われていますが、時間的に朝早く起きるのか、寝ないで起きて見に行くのかなどちょっと考えるところですね。

あと2019年の1月4日はかなり寒くなるようなので外出して見に行くという方はしっかり防寒していくことをおすすめします。

ということでしぶんぎ座流星群2019年1月4日が見ごろ?見える場所・方角・スポットは?2018年の感想ということで紹介しました。

ありがとうございました。

コメント

error: