塩谷司(アルアイン)の現在・ポジション・年棒など

Pocket

こんにちは!

今クラブ世界一を決める「FIFAクラブワールドカップ」が開催されています。

毎年12月に行われるんですけど、よく日本で開催されているのでご存知の方も多いと思います。

開催国枠で日本のチームが出ることも多かったので見たりしたことがある方もいるかと思います。

そして2018年FIFAクラブワールドカップも日本の鹿島アントラーズが出場しているのですが、もちろん鹿島も注目ですが、別の海外のチームにいる日本人選手に注目が集まっています。

それが塩谷司選手です。

中東のアラブ首長国連邦の「アル・アインFC」というチームに所属していて唯一の日本人です。

そして、今回のクラブワールドカップでもゴールを決めたりと活躍しています。

この塩谷司選手はサッカーが好きな方なら知っていると思います。

日本代表にも選ばれたことのある実力のある選手です。

あまり知らないという方のためにどういった選手なのか紹介したいと思います。

プロフィール

プロフィール

名前:塩谷司(しおたに つかさ)
生年月日:1988年12月5日
年齢:30歳(2018年12月19日現在)
出身:徳島県小松島市
身長:182cm
体重:78kg
ポジション:DF (CB)
クラブ:
2011-2012 水戸ホーリーホック
2012-2017 サンフレッチェ広島
2017- アル・アインFC

サッカーが好きな方は知っていると思いますが、サンフレッチェ広島で長く活躍していた選手です。

日本代表にも選ばれたこともありますし、2014年、2015年、2016年にはJリーグベストイレブンにも選ばれています。

2016年リオデジャネイロオリンピックではU-23サッカー日本代表のオーバーエイジ枠で出場しています。

それくらい実力のある選手です。

そして、2017年からアルアインに移籍しています。

ちなみに移籍金は150万ドル(約1億6500万円)と伝えられています。

アラブ首長国連邦などの中東の国はオイルマネーがあるので高い移籍金と年棒が期待できてヨーロッパ有名選手も移籍したりしています。

もちろん実力があるからこそです。

2018年FIFAクラブワールドカップ

やっぱり2018年のクラブワールドカップについて詳しくは話したいところですね。

クラブワールドカップはそれぞれの大陸で優勝したチーム同士の戦いになります。

2018年の出場国は

ヨーロッパ:レアルマドリード
南米:リーベル・プレート
北中米カリブ:グアダラハラ
アジア:鹿島アントラーズ
アフリカ:エスペランス
オセアニア:チーム・ウェリントン
開催国:アル・アイン

となっています。

ほとんど毎年ヨーロッパ代表か南米代表のチームが決勝に残るという方が多いです。

まあ基本的に強いですからね。

ですが2018年は開催国アル・アインが南米のリーベル・プレートを倒して決勝に進出しているんです。

その試合でも塩谷はスタメンで出場しています。

これはとてもすごいことですね!

開催国という地の利はあるにしても本当に強いチームに勝ちましたからね。

そして、次はレアルマドリードか鹿島アントラーズの勝者と対決します!

これはどちらにしても楽しみですね。

まとめ

まさか海外のチーム、しかも中東のチームでクラブワールドカップに出場して得点も決めて、決勝に進出して注目されるということは本人も考えていなかったんじゃないですかね。

対戦相手がレアルマドリードでも鹿島アントラーズでも注目ですね。

鹿島アントラーズなら日本ではとても盛り上がるでしょうね。

ということで塩谷司(アルアイン)の現在・ポジション・年棒などについてでした!

大活躍ですね!

ありがとうございました。

コメント

error: