スタン・リーの現在・顔写真・作品 ・家族や資産も気になる

Pocket

スタン・リーさんと聞いて誰っていう方も多いかもしれませんが、アメリカ映画のマーベルと言えばわかると思います。

スパイダーマン、X-メンなどの原作をてがけたのがこのスタン・リーさんでマーベル・メディア名誉会長だったわけです。

そして、実際に実写映画版の製作総指揮などを務めています。

ただ、11月12日肺炎を患い搬送された先の病院で亡お亡くなりになられたということです。

95歳でした。

ご冥福をお祈り申し上げます。

おそらくマーベルの映画を見たことがある方ばかりだと思います。

まず知らない方はいないのではないでしょうか。

アメコミ、映画に大きな影響を与えたアメコミの巨匠ですね。

スタン・リーさんがいなかったらスパイダーマンとか見られなかったわけですし、USJのスパイダーマンもなかったわけですから日本人にも大きな影響を与えていますよね。

ということで今回スタン・リーさんについてちょっと見ていきたいと思います。

写真やこれまでの有名作品、家族や資産などにも触れてみたいと思います。

スタン・リープロフィール

プロフィール

名前:スタン・リー
生年月日:1922年12月28日
年齢:95歳没(2018年11月12日)
出身:カリフォルニア州ロサンゼルス
血液型:-型
身長:-cm

マーベル・コミック編集委員
マーベル・メディア名誉会長

少年時代はよく映画と読書をしていて文章を書くのが好きだったそうです。

のちにタイムリー・コミックス(後のマーベルコミック)に入社し脚本などを担当していたということなんです。

そして、転機は「ファンタスティック・フォー」を創刊し、これが人気になってから様々なヒーローものの大ヒット作品を出してきたということのようです。

代表作

まずはスタン・リーさんの代表作を紹介したいとおもいます。

もう見たことがあるものばかりだと思います。

見ていなくても知っている作品ばかりだと思います。

「アメイジング・スパイダーマン」
「アベンジャーズ」
「X-メン」
「アイアンマン」
「ハルク」
「ファンタスティック・フォー」
「マイティ・ソー」
「デアデビル」
「ドクター・ストレンジ」

スタン・リーさんがすごいのは長年ヒット作を手掛けていたことですが、2000年代になって映画がどんどん公開されていますが、それらの総指揮官を務められていたということです。

70代80代になってもご本人自身が活動していたということですね。

こちらが一番最近の映画「ヴェノム」ですがこれが映画で送り出す最後の作品ということになるのでしょうかね。

スタン・リーさんの家族

まず奥様がジョアン・リーさんで2017年7月6日に93歳でお亡くなりになられたということのようです。

このお二人の出会いも素敵なものでスタン・リーさんはこのようなことを話していたそうです。

スタンは2016年の米ハリウッド・レポーターのインタビューで、デートに誘った別の女性を迎えに行った際、偶然出てきたジョアンさんに一瞬にして恋に落ちてしまったことを告白。「若い頃、私にとっての理想の女性を描いたことがあった。ジョアンは、まさに私が描いた理想の女性だったんだ。それで、突然『愛しています』とか突飛なことを言ってしまったよ。そのあと行ったランチで、プロポーズしたと思う」と運命的な出会いについて語っていた。

すごくいい話ですね。

スタン・リーさんの影響力

いやもう当然のことながらアメコミの巨匠で日本人にも馴染みの深い作品を多く輩出しているので当然影響力はすごいですよね。

実際いろいろな声が上がっています。

まとめ

私たちをずっと楽しませてくれたアニメ、映画を輩出してくれたスタン・リーさんでしたが、今後はカメオ出演などその姿がもう見れないとなると寂しいですね。

95歳ということで元気にずっと一線を走り続けてきていましたからね。

作品は残り続けますし、また見ることも多いと思います。

そのたびにスタン・リーさんを思い出しそうですね。

あらためてご冥福をお祈り申し上げます。

スタン・リーについてでした。

ありがとうございました。

著名人
スポンサーリンク
ネオをフォローする
ちょっと知りたいことを紹介「知りたいナビ」

コメント

error: