ペッチ・CPフレッシュマートの戦績と実力は?井上拓真の対戦相手・勝てる可能性は?

スポンサーリンク
Pocket

井上拓真選手ついに世界戦決定ですね。

2016年12月に当時のWBO世界バンタム級王者のマーロン・タパレス(フィリピン)への挑戦が決まっていたのですが右拳の負傷で中止となって、世界挑戦が伸びていたのですがついに決定です。

ちなみに試合は2018年12月30日にWBC世界バンタム級暫定王座決定戦として行われます。

注目されているのは世界戦ということもありますし、井上尚弥選手の弟ということも当然あります。

どんな試合をしてくれるんだろうとかって期待してしまいますよね。

さあここで気になるのが井上拓真選手の対戦相手がどういったボクサーなのかというところです。

対戦相手は「ペッチ・CPフレッシュマート」という選手ですが、当然日本の方ボクシングがそれほど詳しくない方や知らない方ばかりだと思います。

「ペッチ・CPフレッシュマートって強いの?」とか「戦績は?」とか気になるという方も多いと思いますので紹介していきたいと思います。

ここでは井上拓真選手の対戦相手の「ペッチ・CPフレッシュマート」という選手についてみていきたいと思います。

ちなみに井上拓真選手についてはこちらで紹介しているので見ていただければと思います。

井上拓真(ボクシング)世界へ|兄・井上尚弥と比べてその強さ・実力は?プロ戦績は?
井上拓真選手がついに世界に初挑戦ですね。 12月30日に大田区総合体育館でWBC世界バンタム級暫定王座決定戦を行います。 対戦相手は同級2位ペッチ・CPフレッシュマート(24=タイ)と対戦します。 井上拓真、日本初の兄弟4...

ペッチ・CPフレッシュマートプロフィール

プロフィール

名前:ペッチ・CPフレッシュマート
本名:タッサナ・サンパッタン
生年月日:1993年11月20日
年齢:24歳(2018年11月8日現在)
国籍:タイ
血液型:-型

ボクシング戦績
試合数:48戦
勝ち:48勝
KO勝ち:33KO
負け:0
引き分け:0

現在24歳のタイの選手で、本名はタッサナ・サンパッタンという名前です。

そして、注目するポイントが48戦48勝(33KO)

対戦数も多いですが全然負けていません。
それにKOも非常に多いです。

ペッチ・CPフレッシュマートの戦績と実力は?

やはりまず気になるのがこの48戦48勝(33KO)という戦績です。

数字だけ見るととてもすごいですし、ネットでもかなりの強敵とか強い相手ということが書かれていますが、対戦相手とかを見てみないと一概には言えませんからね。

そこでペッチ・CPフレッシュマートの対戦相手などを調べて実力を見ていきたいと思います。

まず実績としては
目立つのが「WBCユースバンタム級シルバー王座防衛」を2017年2月まで14度防衛しているというところです。

まずシルバー王座とは何なのかという話ですが

2010年3月、ホセ・スライマン会長が暫定王座に替わるタイトルとして、11月にメキシコで開催予定のWBC総会で「WBCシルバー王座」(WBC Silver Championship)の創設を発表することを公表。なお、王者には、通常の世界王座のベルトをベースに、バックル部が金色ではなく銀色のシルバーベルトが贈呈される。また、暫定王者とは異なり、シルバー王者のWBCランクは維持される。

ということです。

 

そのWBCユースバンタム級シルバー王座ですからそれほどでもないですね。
ただ、2017年2月まで14度防衛という数字だけ見ればすごいですね。

ユースではなくなって返上したのかはわかりませんが防衛はここまでです。

そのあと2017年6月から現在まで8戦してすべてKO勝ちしています。

 

では過去3戦を見ていきたいと思います。

3戦前は「Espinos Sabu」という選手で
ペッチ・CPフレッシュマート選手と2018-03-06に対戦しているのですが、
2017年は1戦のみで過去8戦では1勝しかしていません。

 

2戦前は「Manot Comput」という選手で
ペッチ・CPフレッシュマート選手と2018-07-31に対戦したのですが、
それまで3連敗で全戦績も勝ちと負けは半々くらいです。

 

そして、前回の対戦の選手の情報はというと
わかりません。
いろいろ調べましたが出てきません。
そんな強い選手ではないのかなというのが印象です。

 

ということで48戦48勝(33KO)という素晴らしい戦績ですが対戦相手の対戦相手や戦績を見てみると「恐るるに足らず」というのが私の意見です。

数字に騙されてはいけません。
といっても負けていないので力は未知数でまだ力を出しきっていなくてめちゃくちゃ強いということもありえますけどね。

井上拓真選手の勝てる可能性は?

普通に戦ってきた相手を考えると井上拓真選手のほうが圧倒的に強敵ばかりだとおもいます。

対戦相手のことを考えると当然井上拓真選手です。

ただ、ペッチ・CPフレッシュマート選手も戦ってきた相手はそれほど強くないかもしれませんが、ユースから数えて10連続KO中ですし、まだ底を見せていません。

ただ、48戦48勝(33KO)がすごく目立ちますが、井上拓真選手のほうが強いと思っています。

もちろん未知数ですが期待を込めて!!!

まとめ

ということで2018年12月30日にWBC世界バンタム級暫定王座決定戦が行われる対戦相手のペッチ・CPフレッシュマート(タッサナ・サンパッタン)の戦績と実力についてみてみました。

48戦48勝(33KO)ということで単純に数字だけで見るとすごいってなりますけど、数字ほどの対戦相手ではないようです。

井上拓真選手が戦ってきた相手のほうが強敵だと思います。

確かに負けていないので未知数ですが、十分に勝てる可能性があると思っています。

というか勝ってほしいですね!

12月30日他の2戦のタイトルマッチも含めてとても楽しみですね。

これからの井上拓真選手の活躍を期待しています。

ありがとうございました。

そして、こちらが井岡一翔選手が4階級制覇目指して12月31日にマカオで対戦するWBO世界スーパーフライ級1位のドニー・ニエテスです。

コメント

error: