東京オリンピック陸上100m日本代表は誰?候補一覧とタイム・選考基準

スポーツ(その他)
スポンサーリンク

いよいよ東京オリンピックが近づいてきて今のところは開催に向けて進んでいるようです。

そこで気になるのは陸上の花形100mでオリンピックに出場するのは誰になるのかです。
陸上100mでオリンピックに出場できる枠は3つ!

候補はかなりいるので誰になるのか気になるところですね。
当然リレーでもメダルが期待できるほどレベルが高いわけです。

ということで東京オリンピック陸上100m日本代表は誰になるのか、現状のタイムや選考基準、予想なども紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京オリンピック陸上100m日本代表は誰?

では東京オリンピック陸上100m日本代表は誰になる?候補一覧とタイムを見てみたいと思います。

自己記録 記録更新日
山縣亮太 9.95(日本歴代1位) 2021年6月6日 2.0
サニブラウン・ハキーム 9.97(日本歴代2位) 2019年6月7日 0.8
桐生祥秀 9.98(日本歴代3位タイ) 2017年9月9日 1.8
小池祐貴 9.98(日本歴代3位タイ) 2019年7月20日 0.5
多田修平 10.01(日本歴代6位タイ) 2021年6月6日 2.0
ケンブリッジ飛鳥 10.03(日本歴代9位タイ) 2017年9月9日 1.0
飯塚翔太 10.08 2017年

まずは東京オリンピックを狙う現役選手の候補の記録を一覧で紹介します。

■サニブラウン・ハキーム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hakim Sanibrown(@hakimsanib)がシェアした投稿

明らかにオリンピックに出場の筆頭ですね。

着実にタイムを伸ばしてきています。

200mも期待ですね。

■桐生祥秀

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiryu Yoshihide(@kiryu1215)がシェアした投稿

日本の陸上界を引っ張っていますね。

9.98は2017年9月9日のものですが、その後も確実に良いタイムで走っていて安定感がありますね。

2020年:セイコーGGP東京:100m 1位
2020年:日本選手権:100m 1位

■小池祐貴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Koike(小池祐貴)(@yuki_koike_)がシェアした投稿

タイムで言うと日本歴代2タイで間違いなくオリンピックに出場に近いです。

しかも9.98を出した時は追い風0.5メートルですからこれはスゴイです。

ちなみに桐生祥秀選手の9.98の時は追い風1.8、
サニブラウン・A・ハキーム選手の9.97の時は追い風0.8

もし同じ風の状態だったら日本記録以上のタイムかもしれません。

■山縣亮太

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryota Yamagata (山縣亮太)(@y.ryo34)がシェアした投稿

安定して10秒0代を出す選手で大会でも常に上位にいますね。

ただ、ちょっとケガをしていたのでオリンピックに間に合うのかという心配がありましたが、2021年の6月6日の大会で9秒95の日本新記録を出しました。

■ケンブリッジ飛鳥

ここ最近とても調子が良いようで2020年8月に自己ベストの10.03を記録して

大会でも

2020年:セイコーGGP東京:100m 2位
2020年:日本選手権:100m 2位

となっています。

もしかしたら日本陸上競技選手権大会などで9秒台が見られるかもしれませんね。

■多田修平

スタート抜群で4×100mリレーでも重要な存在ですね。

ただ、最近の大会ではあまりタイムが出ていないように感じますが2021年6月7日に10秒01のベストタイムを出しました。

オリンピックに60mの種目があったら・・・と思いますけどね。

■飯塚翔太

2020年は100mで10.13で走っていてなかなか調子が良さそうに思います。

200mが強い選手で歴代3位の20.11を持っていて200mも期待です。

 

といったところが100mのオリンピック候補になるかと思います。

おそらくこの中から3人が選ばれるかと思います。

東京オリンピック陸上100m日本代表の選考基準

では東京オリンピック陸上100m日本代表の選考基準などを見てみたいと思います。

まずは

・世界陸上競技選手権で3位入賞以上の成績を収めた日本人最上位の競技者であって、日本陸上競技選手権終了時点までに、参加標準記録を満たした競技者
・トラック&フィールド種目は未定
・長距離種目は、2020年度日本選手権優勝者で、2020年度日本選手権終了時点で東京五輪参加標準記録を満たした競技者

選考:https://2020.yahoo.co.jp/event/at/selection

となっています。

大会チェック:https://www.jaaf.or.jp/competition/

現状100mの参加資格有資格者(参加標準記録突破者)で言うと

・サニブラウン アブデルハキーム
・小池祐貴
・桐生祥秀

参考:https://www.jaaf.or.jp/news/article/13087/

となっています。

ということで

最後の選考競技会の2021年6月24~27日「日本陸上競技選手権大会」で参加標準記録を突破するような記録を新しく出す選手がいるのか?

というところになってくるかと思います。

上で紹介したようにケンブリッジ飛鳥選手ももしかしたら9秒台突破してオリンピック出場があるかもしれませんしね。

東京オリンピック100m陸上日本代表は誰になるのか予想

東京オリンピック100m陸上日本代表は誰になるのか予想してみましょう!

良ければ皆さんも投票してみてください!

3人選択できます!
一覧にいない場合は追加できます!

東京オリンピック100m陸上日本代表は誰になるのか

 

ちなみに私の予想はベタですが、

・サニブラウン アブデルハキーム
・小池祐貴
・桐生祥秀

ですね。

追記:2021年6月7日

最近の状態を考えると

・サニブラウン アブデルハキーム
・桐生祥秀
・山縣亮太

といったところでしょうか。

あとケンブリッジ飛鳥選手がどれくらいのタイムで走るのか注目しています。

まとめ

トラック競技の花形の100mで日本人選手がレベルの高いところで多くの選手が競っていて東京オリンピックもとても楽しみですね。

何とか誰か100mのファイナルに進んでもらいたいものですね。

そして、期待なのが4×100mリレーですね。

もしかしたら今回日本は金メダルを取れるかもしれないと言われていますからね。

こちらも4人誰が選ばれるのか注目ですね。

ということで東京オリンピック陸上100m日本代表は誰?候補一覧とタイム・選考基準についてでした。

タイトルとURLをコピーしました