妖怪博物館(三次もののけミュージアム)(広島)2019年4月オープン予定だけどどんなところか?

Pocket

こんにちは!

ちょうど今妖怪博物館がメディアでも取り上げられていて話題になっていますね。

それは妖怪博物館が2019年4月26日(金)に広島県三次市に開館される予定ということで注目されているのもありますが、メディアで取り上げられているのは12億円かけてほんとに利益を出せるのかというところが注目されています。

こればっかりはふたを開けてみないとわからないところではありますが、メディアから注目されることで注目度も上がって来場者も伸びるでしょうからね。

始めは注目されて来場者が伸びてもその後来場者が下がってしまっては意味がないのでそこからが勝負ですね。

ということで2019年4月26日(金)に広島県三次市で開館予定の「妖怪博物館」について紹介したいと思います。

妖怪博物館とは

妖怪博物館がどういったものなのか紹介すると

日本初の「妖怪博物館」で、「三次市が舞台となった〈稲生物怪録(いのうもののけろく)〉と、約5,000点の「湯本豪一コレクション」を中心に展示」

・5,000点の「湯本豪一コレクション」
・三次市が舞台となった〈稲生物怪録(いのうもののけろく)

がこの博物館を楽しむポイントです。

湯本豪一さんについて

湯本豪一について紹介する必要があると思います。

湯本豪一さんは民俗学者、日本風俗史家で妖怪研究、収集を行っていて大学で妖怪などについて教えています。

今回展示されるものは私財を投じて収集したものだそうです。

そして、今回貴重なコレクションの寄贈したということなんです。

実際こういった書籍を多く出版されています。

そして、これまで様々な本も出版されています。

他にも多くの本を出版されています。

やはり湯本豪一さんのコレクションがメインになってくるのかなと思います。

1950年生まれということでまだまだこれからもコレクションが増えてくるかもしれませんね。

では妖怪博物館概要について紹介したいと思います。

妖怪博物館概要

所在地 広島県三次市三次町1691番地4
料金
アクセス JR鶴岡駅よりバスで約10分
開館時間・休館日 9:30~17:00

料金や開館時間・休館日等変更されている可能性もあるのでその点はご了承ください。

妖怪博物館に関してのネットでの声

妖怪博物館に関して一般の方はどう感じているのかを紹介したいと思います。

という感じで行ってみたいっていう人が多かったです!

ちょっと興味がある人なら行ってみたいですよね!

あとは入館料がいくらになるのか。

一応調べてみると大人600円とか書かれているところもあったのですが、確実かはわかりませんので。

まあそれくらいなら行ってみたいですね。

ただ、厳しい意見も結構ありました。

妖怪博物館が赤字でも町おこしが成功すればそれはそれでいいのかもしれませんけどね。

ちなみに面白い意見としては隣にお化け屋敷を作るっていうのは面白いですね!

今回展示している湯本豪一さんのコレクションに関係している妖怪が出てくるとか面白いですよね。

そんな感じでそういった施設を併設するとかなり話題になりそうですね。

まとめ

2019年4月26日(金)に広島県三次市に開館される予定の妖怪博物館(三次もののけミュージアム)について紹介してきました。

三次市の人口などを考えると本当に収益をしっかり出せるのかで注目されていますけど、意外に注目集めそうな気がしますね。

ちょっと面白そうですもんね。

始めは人が集まりそうですけど、あとはそれを継続して集められるのかですね。

期間限定でお化け屋敷をやったり、何かイベントをやっていくんでしょうけどね。

ということで妖怪博物館(三次もののけミュージアム)について紹介しました。

興味のある方は一度行ってみてください。

ありがとうございました。

美術館
スポンサーリンク
ネオをフォローする
ちょっと知りたいことを紹介「知りたいナビ」

コメント

error: