【夢洲(ゆめしま)】2025年大阪万博決定|予定地夢洲のアクセス、立地、何があるの?

Pocket

こんにちは

日本時間2018年11月24日に2025年大阪万博が決定しましたね。

これに大阪はもちろんですが日本中でニュースになっています。

本当に良かったですね。

2020年東京オリンピックから大きなイベントがなかったのでこれで日本の景気も原則か?っていうことも言われていたりしたので2025年大阪万博があるということで日本の空気も変わってきそうですね。

まあまだ7年後なのでかなり先ですが、遠足と同じで始まるまでがワクワクしますし、楽しかったりもしますからね。

あと2024年にIR(統合型リゾート)の開業を目指しているということでこれまたとても楽しみですね。

ここで2025年大阪万博、IR(統合型リゾート)の場所はどこ?って思った方も多いかもしれませんが、場所は【夢洲】というところです。

読み方は「ゆめしま」です。

おそらく知らない方も多いと思います。

大阪の人でも聞いたことがない方や行ったことがない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の開催地、メイン会場になるであろう【夢洲】について紹介していきたいと思います。

夢洲とは

大阪市此花区にある人工島です。

コンテナターミナル、物流センターなどがありますが、ほとんど空き地で何もないような場所です。

実際【負の遺産】と言われるような土地で無駄にあるといったところです。

大阪の邪魔な土地という感じですね。

まず普通の人が行くことがない場所ですね。

夢洲の場所

場所はこちらになります。

北側の隣の島には舞洲があってこちらには舞洲スポーツアイランドなどがあって頻繁にイベントが行われています。

南側の隣の島には南港ATCなどがあってイベントなども頻繁に行われています。

夢洲へのアクセス

▽バス
・大阪メトロ中央線コスモスクエア駅
北港観光バス コスモドリームライン(4系統)

「夢洲コンテナターミナル前」バス停下車

・JRゆめ咲線 桜島駅から
北港観光バス 舞洲アクティブバス(2系統)

「環境局前」バス停(乗り継ぎ)
北港観光バス コスモドリームライン(3系統)

「夢洲コンテナターミナル前」バス停下車

▽自動車
阪神高速5号湾岸線 北港西出口より此花大橋・夢舞大橋を通り10分

阪神高速5号湾岸線 天保山出口より咲洲トンネル・夢咲トンネルを通り15分

現在はこんな感じでかなり交通の便が悪いですが、今後は良くなってくると思います。

というか良くならないとまず開催は無理でしょうからね。

場所が場所なのでこれからかなり交通の便が良くなるようになっていくと思います。

夢洲画像

本当に一部しか使われていなくて本当に無駄に余っていますね。

本当に別に行くことはないですね。

夢洲の周辺のスポット

夢洲周辺って本当にいろいろスポットがあるんですよね。

・ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)

もう説明は不要ですよね。
万博を楽しんでユニバいいですね。

・海遊館

海遊館も近いですね。
大きな観覧車もあります。

・南港ATC

定期的にイベントなんかも頻繁に行われています。

・梅田

電車で片道20分から30分くらいですかね。

・難波

難波も30分とかでしょうか。

大阪の都心部にも近いですし、観光スポットも多くてかなり盛り上がりますし、楽しめそうですね。

まだまだ先ではありますけど今から楽しみですね。

まとめ

ということで2025年大阪万博決定して開催予定地【夢洲】のアクセス、立地、何があるのかなどについて紹介してきました。

今まで「負の遺産」として邪魔物のように扱われていた夢洲ですが、一気にスポットライトを浴びることになりますね。

むしろこれから大阪と言えば夢洲と言われる時が来るかもしれませんね。

今はまだ何もありませんが、これからどんどん開発が進むことは確実なので2024年IR(統合型リゾート)開業予定、2025年大阪万博とかなり楽しみですね。

大阪だけでなくて日本にもとても明るいニュースですし、楽しみですね。

ということで夢洲についてでした。

ありがとうございました。

コメント

error: